ディズニーで「待ち時間ゼロ」にする手口 「障害者優先」を悪用、家族で付き添い装う

印刷

   米フロリダ州にあるディズニーワールドで、人気アトラクションでの長い待ち時間を回避するために、一部の客が不正な方法を使っていると米メディアが暴露した。

   ディズニーワールドでは体の不自由な客に対して、待ち時間ゼロで遊べる優遇措置があるという。これを一般入場者が悪用して、並ばなくてもすぐにアトラクションを利用するというのだ。日本でもこんなずるい一般客はいるのだろうか。

2時間半待ちのところをわずか1分で入場

「待ち時間ゼロ」にはならないが、別の配慮がある
「待ち時間ゼロ」にはならないが、別の配慮がある

   米大衆紙「ニューヨークポスト」電子版は2013年5月14日、ニューヨーク・マンハッタンに住む富裕層の母親たちが、ディズニーワールドで自分の子供がアトラクション利用の際に並んで待たずに済むように「体の不自由な人に報酬を支払って同行させ、家族のふりをする」という手口を講じていると紹介した。

   料金の「相場」は1時間130ドル(約1万3000円)、または8時間で1040ドル(約10万4000円)。ある母親は、自分の娘がアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」で、2時間半待ちのところをわずか1分で入場できたと自慢げだ。この母親は娘のほか夫と1歳の息子の4人で、家族の一員に扮した障害者と共に入園。どのアトラクションでも、体の不自由な人向けの「優先入り口」に案内されたと証言している。ディズニーワールドでは、車いすが必要な入園者には、付き添いを含めて最大6人までが列に並ばずにすぐアトラクションに入ることが許されるようだ。

   体の不自由な人の負担を極力軽減しようとのディズニーワールド側の配慮だが、一般利用者が制度を悪用して恩恵にあずかろうとするのはいただけない。金銭で障害者を「雇う」という裏のシステムが存在するのも、驚きだ。

   東京ディズニーリゾートでは、どんな対応をしているのか。運営会社のオリエンタルランドに取材すると、バリアフリーで各種対策をとっているが、どんな障害を持ち、その度合いがどの程度かは人それぞれなので「一律に同じ対応をするのは難しい」と前置きしたうえで、「待ち時間をゼロにする措置はとっていません」と説明した。この点に限っては、一般利用者と同じ扱いと言える。

   だが体にハンディを抱えている人にとって、人ごみの中で長時間待ち続けるのが厳しいのは間違いない。そこで申し出に応じて、列に並ぶ代わりに順番が来るまで別の場所で待機してもらうよう配慮するケースもあるという。

「この時間に戻ってきてください」と指示された

   付き添いに対する扱いもケースバイケースだ。広報担当者によると、本人との関係性は家族でも友人でも「介助者」とみなす。乗り物に同乗する際、「1台につき4人乗れるのに対して同行者がそれより多かった場合、本人以外に3人までを介助者と認めることがあります」と話した。パレードの見物では、例えば車いす利用者用の見学場所が設けられているがスペースに限りがあるため、介助者は最小の人数にしてもらうよう要望するという。視覚や聴覚の不自由な人なども、本人の状態に合わせて柔軟に対応するのが基本方針だ。

   東京都内に住む車いすの男性会社員はJ-CASTニュースの取材に対して、2013年1月に息子と東京ディズニーランドへ行った際のエピソードを語った。入園の際にカードを渡され、アトラクションで係員にこのカードを見せたという。そこで必要な書式に記入すると、「この時間に戻ってきてください」と指示を受けたそうだ。言わばアトラクション利用を「予約する」イメージ。「当日は混雑していましたが、おかげで園内を効率的に回れました」と話した。

   米国のディズニーワールドは未体験だが、15年ほど前にロサンゼルスのユニバーサルスタジオ・ハリウッドを訪れた。「アトラクションには『障害者用通路』が設けられていて、行くとすぐに入れました」。列に並ぶ必要もなく、おかげで友人とふたりでほぼすべてのアトラクションを1日で「制覇」できたそうだ。

   東京ディズニーランドでは、一部アトラクションで遊べなかったと男性は打ち明ける。入場の際、「地震発生時にひとりで外に出てこられるか」という条件があった。例えば地震でジェットコースターが緊急停止したら、そこから降りて自力で歩いて避難することができない。息子はまだ幼いので非常時に手助けしてもらうわけにもいかず、仕方なく諦めたという。一方、米国の遊園地では何ひとつ制限がなかった。安全第一か、利用者を楽しませるのを優先させるかは国や施設によって考え方が違い、対応も変わるのだろう。

   体の不自由な人に対する優遇措置を悪用した米国の例について聞くと、男性は「モラルの問題ではないでしょうか」とひと言。善意による配慮を「インチキ」のために使う姑息さに、あきれた様子だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中