菅官房長官、維新・西村議員「売春婦」発言に「論評に値しない」

印刷
記者会見に臨む菅義偉官房長官
記者会見に臨む菅義偉官房長官

   菅義偉官房長官は2013年5月17日午後の定例会見で、日本維新の会の西村真悟衆院議員が党の会合で「日本には韓国人の売春婦がうようよいる」と発言した問題について、

「非常に残念で論評に値しない発言」

と強い不快感を示した。その上で、安倍内閣については

「侵略を否定したことは一度もない」

と従来の立場を繰り返した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中