プロゴルフ松山英樹 米ツアー本格参戦へ強い意欲

印刷

   プロゴルフの松山英樹選手(東北福祉大)が2013年5月20日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、「米国には早めに行きたいという気持ちは強い」と、石川遼選手を追う形で米ツアー本格参戦への意欲を示した。

   松山選手は会見冒頭、英語で簡単なあいさつをしたが、かなり緊張した様子。「やっぱり(英語が)喋れると、色々な海外の選手とも会話できるし…」と、英語を勉強する必要性を痛感していた。

今の自分に足らないのは、パターの精度とバリエーション

日本外国特派員協会で会見する松山英樹選手
日本外国特派員協会で会見する松山英樹選手

   これまでに特派員協会で会見したことがあるプロゴルファーは、尾崎将司選手、宮里藍選手、石川遼選手など。これらのビッグネームに圧倒されたのか、会見場に入って最初に松山選手が口にしたのが、「緊張するじゃないですか…」という一言だった。

   会見冒頭、

「会見にお越しいただいてありがとうございます」

と英語であいさつ。

   質疑応答は日本語で、2011年に出場したマスターズの印象を

「(会場の)オーガスタの印象は、自分がとてつもなく難しいゴルフ場をイメージし過ぎて、『大したことないな』というのが第一印象。試合をやる中では傾斜がきつくて、必死になればなるほど難しくなるというイメージ」

と振り返った。

   2位タイに終わった「日本プロ日清カップ」については、

「今の自分に足らないのは、間違いなくパターの精度とバリエーション。昨日まで試合をやったが、最終日のパッティングは全然良くなかったので、その中でボギーを打たないようにするためにはアプローチの精度が大事になってくる。そこが向上すると、もっとパッティングが楽に打てたりするので、そこが磨くことが必要」

と反省の弁を述べた。

「英語は勉強しなきゃいけないんですけど…」

「米国には早めに行きたいという気持ちは強い。(石川)遼が米国に行って最初の方は苦しんでいたのを見て、日本とすごく環境の差があるのかな、と思った。自分もそういう難しい場所に行って技術を磨いていきたいという気落ちは強い」

とも述べ、米ツアーへの本格参戦にも意欲を見せた。

   海外参戦で重要になりそうなのが、英語力だ。この点について聞かれると、

「記者会見はだいぶ慣れてきましたけど、英語となると、やばいくらい緊張します。ゴルフより全然緊張します」
「英語は勉強しなきゃいけないんですけど…。やっぱり喋れると色々な海外の選手とも会話できるし、分からないことも聞けるというのはすっごい大きいと思うんですけど…」

と、かなり不安そうに話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中