20代女性養護関係職員が男子高校生2人に性的行為 「合意があっても、立場上許されない」と懲戒解雇

印刷

   親のいない子どもを預かる大阪府内の社会的養護関係施設で、20代の女性非常勤職員が施設入所者の男子高校生2人に性的な行為をしていたことが分かり、ネット上で驚きが広がっている。しかし、ほかにも例はあるようなのだ。

「嫌なことではありませんでした」

   大阪府の子ども室では、この女性職員が事情聴取にこう話したと取材に明らかにした。これは、女性が被害者ではないことを意味するとした。

「男子高校生に好意を感じて、やってはいけないことをやった」

   報道によると、女性職員は、「男子高校生に好意を感じて、やってはいけないことをやった」と謝罪したともいう。

   大阪府子ども室によると、女性職員は、2011年9~11月と12年5月に、当時18歳未満の男子高校生1人を自宅に複数回呼び寄せ、キスをしたり、胸や下半身を触ったりした。ただ、セックスはしていないという。また、12年5月には別の18歳未満の男子高校生1人と施設内で深夜にセックスをした。女性職員は当時、独身だった。

   女性職員の行為は、自宅に呼んだ高校生が別の職員に話して発覚した。施設では、性的虐待があったとして、12年6月に女性職員を懲戒解雇にしている。子ども室では、13年5月17日になって発表したが、それは児童福祉法の規定から1年分をまとめて虐待事例を発表することになっているからだと説明した。

   発表が報じられると、ネット上では、女性職員などが男子生徒らに性的行為を持ちかけるのは珍しいと、やっかみの声が上がった。

   男子高校生が合意していたのではないかとの指摘も出ているが、子ども室では、「子どものプライバシーに関わりますので、お答えはできないです」と言うに留まった。女性職員からの無理強いはなかったというが、子ども室では、「たとえ合意があったとしても、立場上は許されないことです」と言っている。

全国では、17歳男児に性的行為が2件

   女性職員が入所者と性的行為をするというケースは、過去にもあったのか。

   大阪府の子ども室では、2009年から虐待事例の発表を始めているが、府内ではこれまでになかったという。

   全国的には、数は少ないが、同様なケースはあった。厚労省の統計によると、社会的養護関係施設における性的虐待は10年度に9件あったが、その事例を見ると、少なくとも2件は女性職員のケースだった。どちらも児童擁護施設で、1つは、女性職員が17歳男児の求めに応じ、金銭を渡したうえ、みだらな行為を行った。また、もう1つの方では、女性職員が深夜、17歳男児の部屋で性的な行為を行っていた。

   性的虐待は、09年度に7件、11年度に1件あったが、女性職員のケースは確認されていない。

   一方、文科省によると、公立の小中高、特別支援学校では、女性教職員が男児にわいせつな行為などをして懲戒処分を受けたのは、10年度が168人中で3人、11年度が170人中で1人だった。まだ部分的にしか分からないが、社会的養護関係施設の方が女性職員の割合が多くなっている。親がいないなど、弱い立場の男児の方が、性的虐待が多い可能性はあるかもしれない。

   なお、今回のケースでは、男子高校生に処罰感情はないといい、警察に被害届も出さないという。大阪府の青少年健全育成条例では、強要がないと性的行為を処罰できず、警察の捜査は行われていないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中