共産・志位氏が「ユニクロ」柳井批判ツイート 資産、半年で1兆円も増やす?

印刷

   ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(64)が、この半年で一家の資産を1兆円も増やした可能性があることが分かった。一部で批判も出ているが、どうなのだろうか。

「アベノミクスの株高で一番儲けたのは、ユニクロ柳井会長一家」

   日本共産党の志位和夫委員長が2013年5月21日、ツイッターでこう指摘してネット上で話題になった。

「時給」が2億3000万円?

柳井氏へのツイートが話題に
柳井氏へのツイートが話題に

   志位委員長は、この半年で柳井正氏は1兆円も資産を増やしたとして、「時給」が2億3000万円にまで達したと計算結果をツイートで披露した。ユニクロについて「新卒社員を使い捨て、ブラック企業として批判されている」としたうえで、党の主張に沿って、「ユニクロ会長が儲け頭という経済政策がまともなものと言えるか」と返す刀でアベノミクスを批判している。

   志位氏の発言は、共産党の機関紙「赤旗」がベースになっているらしい。

   18日付の記事では、アベノミクスが始まった12年11月14日から13年5月13日までの半年で、柳井氏とその家族の資産が1兆345億円も増えたとはじき出した。これは、6562億円を増やしたとしたソフトバンクの孫正義社長を倍近くも引き離し、経営者のトップだ。

   その計算方法は、8日付の記事に示されていたようだ。

   ファーストリテイリングの有価証券報告書などによると、柳井氏は、4月22日までの5か月で保有株式の時価が4047億円も増えていた。妻と息子2人の分を合わせると、6140億円増えており、さらに、資産管理会社3社の保有株式分も入れると、総額で8548億円の増加になるとした。

   つまり、これが半年になると、1兆円に達するということらしい。

   記事では、全従業員の給与手当は12年8月の決算で839億円となっているため、柳井氏一家の5か月の資産増加は、従業員給与の10年分に当たるとした。そして、アルバイトのほか、社員も世界同一賃金で安く抑えようとする傍ら、自らは大もうけしていると揶揄している。

ユニクロでの報酬は、3億5500万円

   こうした批判の是非は別にして、柳井正氏がこの半年で1兆円も資産を増やしたというのは本当なのか。

   米経済誌フォーブスによると、柳井氏は2012年、資産額が約8800億円(当時の106億ドル)もあった。それが13年になると、株高を背景にして、約1兆4400億円(155億ドル)と倍近くにも増えている。一家4人の分も考えれば、資産が1兆円増えたとしてもおかしくないことになる。

   なお、柳井氏は、フォーブス誌「日本の富豪」番付で、13年まで事実上4連覇している。

   日経の4月15日付記事によると、個人株主の資産増減を日経が試算したところ、柳井氏は、4104億円も資産を増やしていた。これは、赤旗が計算した5か月の資産増加とほぼ同じ割合になる。ちなみに、増加額トップは、この場合、ソフトバンク孫正義社長の4673億円だった。

   とはいえ、ユニクロの創業者にして会長兼社長として、柳井氏が異例に多額の報酬を受けているわけではない。柳井氏の場合は、年間の報酬総額は3億5500万円ほどになる。

   ネット上では、柳井氏の1兆円もの資産増について、揶揄する声もあるものの、「リスクとってチャレンジしてるし…持ち株の評価益だし」「デフレ脱却・成長路線回帰を完全否定するのはおかしい」との指摘も出ている。

   ファーストリテイリング社の広報担当者は、柳井氏一家の資産増について、「プライベートの話ですので、弊社として答える立場にはありません」と取材に答えた。批判や揶揄については、「様々な価値観から発言されていると思いますので、1つ1つにコメントする予定はございません」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中