「どうよ、旦那のこの幸せそうな顔」 不倫騒動の矢口真里、白々しく「ラブラブアピール」

印刷

   別居&不倫報道で騒ぎになっているタレントの矢口真里さん(30)が、またしてもインターネット上で失笑を買っている。

   連載コーナーを持つ雑誌「週刊ファミ通」で夫の中村昌也さん(27)との「ラブラブアピール」をしているというもので、「必死すぎ」「白々しい」との声が上がっている。

今年はゲーム内だけの盛大な誕生日お祝い

   矢口さんは2013年5月23日発売号の連載「ゲーマーです。」で、自分や家族、友人などに似せたキャラクターを作って仮想世界で生活させるゲーム「トモダチコレクション 新生活」で遊んでいる様子を報告している。

   その中で、「ちょっと前ですけど、4月30日は旦那さんの誕生日☆だから、盛大なパーティーをやりましたよ~」という文とともに、中村さんや矢口さん、友人らに似せたキャラクターが大きなケーキを囲んでいるゲームの画像が掲載された。

   矢口さんは「どうよ、旦那のこの幸せそうな顔(私の脳内フィルターではそう見える)」とのろけているが、別居と不倫が報じられている今、何ともむなしく聞こえてしまう。

   現実世界の中村さんの誕生日には、矢口さんはブログで「27歳おめでとう 皆さんも昌也くんのブログにおめでとうコメントしてあげてくださいね」と書いたのみだった。2012年の誕生日にはパーティーの様子をブログに更新していたので、今年はゲーム内だけの盛大なお祝いになったと思われる。

別居報道当日の発売号でも「ラブラブじゃない?」

   ファミ通読者は、ツイッターで「旦那とラブラブってカモフラージュが今週も必死すぎてやばいwww」「これ書いてる時点でもう不倫と別居済みだと思うと面白い」「白々しさがたまらない」「仮想現実って現実から程遠いんやな」など、呆れたような投稿をしている。

   矢口さんはこれまで連載に中村さんの写真を掲載したり、一緒にゲームを楽しんだ様子を書いたりと、夫婦仲の良さをうかがわせていた。別居報道が出た13年5月16日の発売号でも、トモダチコレクションのキャラクターの2ショット画像を載せて「ラブラブじゃない?いやーん」と書いていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中