「日本人の足の臭さヤバイ」「鯉が死んだ!?」 19歳少女「悩み相談」に中国人仰天

印刷

   自分の足が臭すぎて困っています――19歳の日本人女性がQ&Aサイトに投稿したこんな「悩み相談」が、海の向こう・中国でたいへんな話題になっている。

「日本人少女の足が臭すぎて魚が死ぬ」
「ネット上では日本の新型化学兵器だと話題に」

「靴を脱いだらあまりの臭さに死者多数」

話題を伝える遼寧電視の番組(中新社のウェブサイトより)
話題を伝える遼寧電視の番組(中新社のウェブサイトより)

   発端となったのは、マイナビニュースQ&Aに2013年5月16日投稿された「足の臭さが災害レベルです。池に足を入れたら鯉が全部死にました」なる相談だ。

   「19歳、彼氏いない歴=年齢」だと自称する相談者は、自分の足の臭さが「災害レベルです。もう限界です。我慢できません。くさすぎます」。毎日一生懸命足を洗い、靴も4足買ってローテーションしているというのだが、その臭さは「あまりのくささに死者多数で捕まる自信があります」ほどだといい、人前で靴を脱ぐことができないと嘆く。

   いや、いくら臭いといったって――と思うかもしれない。ところが、女性の相談はさらにこう続く。

「先日は、祖父の家で池の掃除をしようと、短パンに履き替えて足を入れたら池の鯉が全部死んでしまいました。魚を殺せるほど臭いとは知らなかった」

   もちろん、鯉が死んだのが本当に「臭さ」のせいかはわからない。だがあまりにインパクトのあるこの告白は、日本でも一部のニュースサイトに取り上げられた。

   しかし、日本以上にこのニュースに驚いたのは中国のメディアだ。たとえば中国東北部・遼寧省のテレビ局「遼寧広播電視台」は、「日本少女、『災害レベルの足の臭い』に困り果てる」という見出しで、この話題を番組中で紹介した。

   さらに動画は中国の国営通信社・中新社のウェブサイトにも転載され、多くの人の目に触れることに。確認できるだけでも、10を超えるメディアがこれを引用して報じた。

「まさか731部隊の…」

   中国ネットも大盛り上がりだ。ニュースサイト「股城網」が引用するネットの反応の中には、

「これが生きた化学兵器か……」
「まさか731部隊の末裔か?! 釣魚島(尖閣諸島)には彼女を近づけないようにしなければ」

などと悪乗り気味のコメントが少なくない。

   ちなみに今回の相談者に限らず、足の臭いに悩む女性は少なくない。過去に靴下メーカーのタビオ(大阪市)が行った調査では、20~30代の女性から「宴会の時にブーツを脱いだら異臭騒ぎが起こった」「私の足が臭すぎて時々彼氏とケンカになる」といった経験談が相次いで集まったという。自分の体臭を気にして、恋愛にも積極的になれない女性が少なからずいる、という別の調査もある。

   いずれにせよ、(もし件の投稿が本当なら)「恥ずかしい悩み」を中国全土にまで拡散されてしまったわけで、相談者にはそれこそ「災害レベル」の受難だったといえようか。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中