「ふぅ~だけでは痩せない。大変ですよ!」 ロングブレスで30kg減の森公美子明かす

印刷

   「ふぅ~だけでは痩せないのです」――呼吸の仕方を意識する「ロングブレスダイエット」で約30kg痩せた、とテレビ番組で紹介された森公美子さん(53)がブログでこう明かし、話題になっている。

「呼吸で痩せたらノーベル賞だよね」
「食事制限と運動ですよ!!」

毎日5~10kmを歩き、腹筋100回

   森さんはテレビ番組「金曜日のスマたちへ」(TBS系)の企画で、「ロングブレスダイエット」に計8か月間取り組み、体重を28.4kg落とした。

   ロングブレスダイエットとは、元俳優の美木良介さんが提唱している方法で、ゆっくりと長い呼吸を繰り返すことにより、内臓をかこんでいるインナーマッスルなどを鍛え、代謝のよい体をつくるものだ。

   「森公美子、ロングブレスの継続で奇跡の70キロなるか!?」と題した2013年4月19日放送の同番組では、森さんが「(息を)吐いて!」と美木さんからはっぱをかけられるシーンが繰り返し放送された。また、番組最後には「息を吐くだけ?やってみよっと!」と締めのメッセージが入るなど、まるで「ロングブレス」だけで楽に痩せるかのような印象を受ける構成だった。

   ところが、森さんのブログによると「ふぅ~だけでは痩せないのです」。実は、森さんは放送翌日からブログでこのことを指摘、視聴者に「大変ですよ!!!簡単には痩せないですよ!!!」と訴えていた。

   番組ではほとんど説明しなかったが、ロングブレス以外にも18時までに夕食を終え、炭水化物はご飯茶碗1/4を昼にしか取らないという食事制限、サプリメントやプロテインの摂取を実施。さらに、体幹トレーニングに加え、後半は毎日5~10kmを歩き、腹筋を100回するなど、かなりの努力をしていたという。

   また、番組では森さんがロングブレスをしなくなったせいで一時体重が落ちなくなったなどと言われていたが、本当はこの間、無理な食事制限ではなく普通の食生活に運動を加えることで、リバウンドせず体重をキープできるかを試していたと説明した。

「運動はちゃんとしていました。(…)が、その話しをしてたシーンもありませんでした。残念です。キープにはかなりの運動量が必要でした」

「血液検査でいつも、脱水症状が続いて出ました」

   さらに、こういうダイエットは森さんが個人的に医者をつけ、相談していたから安全にやりとげられたので、一般の人が安易に真似しては危険だという。

「痩せて当たり前の生活でした、血液検査でいつも、脱水症状が続いて出ましたので、本当に気を付けないと、ダイエットは危険です。私は個人的にドクターと相談出来たので、メディカルチェックが一番に考えてダイエットをしてました」
「50代以上の方や三桁の体重の方、(編注:番組を)丸呑みしないで下さいね」
「持病や血圧の高い方が無理したら、大変かも知れない?と心配したのです」

   ロングブレスは息を吐くときにかなり力まなくてはいけないため、以前からネットでも高血圧の人には危険と注意されてきた。

   なお、森さんは5月18日のブログに美木さんのスクールに入らない、高いと書いていたので、美木さんと確執があるのではないかとネットの一部で疑われていたが、そういうことではないようだ。

「勿論、美木さんには感謝してますよ!!痩せるきっかけ頂きましたから、本当に感謝してます」

   あくまで、「一番大変」だった部分をカットし、安易にロングブレスを持ち上げるような内容にした放送局の編集が「残念」だったという。

「放送局にも、編集という作業があるし、仕方がないけど、一番大変だったのをカットされたりすると、残念ですし、なぜ?そこを放送しないのか?落ち込みました。私がスッピンでひどい顔をしてたからですかねぇ…??腹筋100回とかは、かなり辛かったですから…私の正直な気持ちです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中