「日本人漁船員を拉致、船は沈めた」 北朝鮮の実行犯? 政府拉致本部に手口語ると産経報道

印刷

   政府の拉致問題対策本部が脱北した朝鮮人民軍の元幹部を名乗る人物に事情聴取し、「1980年代に日本海で漁船の日本人乗組員を拉致した」などと話していたと、産経新聞が1面トップで2013年5月28日に報じた。証言では拉致の手口を生々しく説明しており、拉致が60年代から80年代に頻繁にあったことも明かしている。仮にその内容が本当だった場合、当時「海難事故」で行方不明になったとカウントされていた人が、実は北朝鮮による拉致被害者だったという可能性も出てくる。

拉致問題担当相「信ぴょう性を含めて、今後慎重に検討」

   産経新聞によると、事情聴取に応じた元幹部は、80年代に青森県内沖で5人前後が乗った漁船を襲ったという。具体的手口については

「夜、無灯火で日本漁船に近づいて乗り移り、銃を突きつけ船員を制圧。10~30代だけを工作船に連行し、高齢だったり、抵抗した乗組員は船倉や船室に閉じ込め、船ごと沈めて証拠隠滅を図ったという」

と報じている。

   この報道について、古屋圭司拉致問題担当相は5月28日の会見で、

「内容が、事柄の性質上、具体的にコメントすることは控えさせていただきたい。ただ、その信ぴょう性を含めて、今後慎重に検討していく必要がある、そういう認識でいる。それから『どうやって聴取したのか』ということだが、これもコメントを差し控えるのが適当だと思う」

と述べ、証言の信ぴょう性には疑問を呈したものの、聴取を行ったこと自体は否定しなかった。

   軍による海上の日本人拉致の具体的証言が得られるのは初めてだとみられるが、拉致だと断定されていないケースでは、過去に手口が明るみに出たことがある。1960年代に起きた「寺越事件」だ。

「寺越事件」実行犯には殺人と死体遺棄の容疑

   1963年5月、石川県の寺越武志さん(当時13)が叔父の昭二さん(同36)、外雄さん(同24)と出漁中に行方不明になり、外雄さんと武志さんは87年になって北朝鮮で生存していることが確認された(外雄さんは94年に北朝鮮で死去)。武志さんは「北朝鮮の漁船に救助された」と主張しており、武志さんに会うために50回以上訪朝を繰り返している母親の友枝さん(82)は、武志さんの北朝鮮での立場を考えて拉致問題への言及をやめている。

   ただ、昭二さんの長男は友枝さんと異なる方針で、03年11月には北朝鮮の金正日政治軍事大学教官だった呉求鎬(オ・グホ)元工作員を殺人と死体遺棄の容疑で石川県警に告訴。県警も受理している。この告訴は、北朝鮮元工作員で、韓国に亡命中の安明進(アン・ミョンジン)氏が、脱北前に呉氏から

「工作船で侵入しようとした際、近くで出漁中の漁船に遭遇したため、乗っていた3人を拉致し、抵抗した昭二さんを撃ち殺して海に沈めた」

などと、拉致の実行に直接関与したとする話を聞いたことが根拠になっている。安氏は05年7月28日の衆院拉致問題特別委員会でも、

「呉求鎬は、自分の口で、1960年代、日本の能登半島に侵入し、仕方なく彼らを拉致して、そのうち一人が自分たちの強盗のような要求に応じなかったとして、その場でおじさんの一人を射殺したという内容まで自慢げに話していたことが記憶に生々しいです」

と同様の証言をしている。

横田めぐみさんの夫も海上で「北朝鮮に救助」されたことになっている

   韓国人が海上で「行方不明」になるケースも多い。

   例えば横田めぐみさんの夫にあたる金英男(キム・ヨンナム)氏も1978年に韓国から拉致されたとみられているが、金氏は2006年、第14回南北離散家族再会事業の中で韓国メディアとの会見し、

「海水浴場に遊びに行ったとき、小さな船に乗った。うたた寝をしてしまい、気がついたら沖に流されてしまっていた。漂流していたら北朝鮮の船に救助された」

と主張しており、拉致を否定している。

   北朝鮮による拉致事件をめぐっては、警察庁は現時点で辛光洙(シン・グァンス)容疑者ら12人を国際手配している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中