桜田淳子、16年半ぶり姿見せる サンミュージック会長通夜で

印刷

   2013年5月23日、すい臓がんのため83歳で死去したサンミュージックプロダクションの相澤秀禎会長の通夜が5月28日に営まれ、サンミュージックに所属していた元歌手・女優の桜田淳子さん(55)が、1996年に統一教会のイベントに参加して以来、約16年半ぶりに報道陣の前に姿を見せた。

   桜田さんは自身のヒット曲「わたしの青い鳥」が流れる中、相澤さんと対面。以前よりふっくらした姿で、「来ましたよ」と笑顔で報告した。報道陣には何も語らなかった。

   桜田さんは72年、オーディション番組「スター誕生!」で最優秀賞を獲得し、翌年に歌手デビューした。バラエティー番組や雑誌のグラビア、テレビドラマ、舞台でも活躍したが、92年、19歳の頃から統一教会に入信していたことを明かし、教祖が指名した相手と結婚する合同結婚式に参加、会社役員と結婚した。マスコミから「統一教会の広告塔」などと批判を浴び、93年以降は事実上の芸能界引退となっていた。

   2006年に長い沈黙を破ってエッセー集「アイスルジュンバン」を出版、07年には雑誌「婦人公論」にインタビューも掲載されたが、表立った芸能活動は行っていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中