円安でiPadなど最大1万6000円値上げ 「駆け込み需要」で売り切れも続出

印刷

   アップルストアが「iPad」(アイパッド)などの日本での商品価格を最大で約1万6000円ほど引き上げた。

   最近の円安ドル高傾向を受けたもので、公式通販サイトの「アップルストア」はすでに値上げを反映している。

   ただ、公式以外の店では値上げ前の価格で販売しているところもある。

平均で約18%値上げ

iPadなどが急に値上げを発表
iPadなどが急に値上げを発表
「おう、、iPad買っといてよかった笑」
「これから買おうとしてる人たちなくな... 」

   「アップルストア」は2013年5月30日深夜、「iPad」(アイパッド)シリーズと「iPod」(アイポッド)シリーズの全商品について、値上げを実施した。

   一部を見ると、「iPad mini」(アイパッドミニ)の16GB、Wi-Fiのみのモデルが2万8800円から3万2800円に、「iPod Touch」(アイポッドタッチ)の32GBモデルが2万4800円から2万9800円になった。

   値上がり幅は平均で約18%。もっとも幅が大きかったのは、レティナディスプレイ搭載のiPadの64GB、LTE通信対応モデルで、7万7800円から9万3800円と1万6000円(約26%)の上昇となった。「iPhone」(アイフォーン)については、変更はない。

   31日のNHKによると、アップルは「このところの円安ドル高の影響で日本での販売価格を改定した」と説明している。

   2012年11月2日のiPad miniの発売時から比べて、アベノミクス効果で円の価値は対ドルで約25%下落した。確かに、今回の改定後の価格は、アメリカの販売価格(改訂なし)に、31日現在の為替レート1ドル=約101円をかけたものとあまり変わらない。

「大分長く頑張ったよなあ。販売価格の計算は今まで『1ドル=85円』でやってたわけだし」

   ツイッターではこんな見方も出ている。

「ヨドバシで間に合った!」「Amazonではまだ買える」

   なお、大手家電量販店や、一部ネットショップでは、現在も値上げ前の価格で販売しているところがあるようだ。ビックカメラの場合、値段が変わらないのは、仕入れ時の価格に基づいて値段を決めているためだという。今後の値段は商談によって決まるため、変わらないとも変わるともわからないそうだ。

「ヨドバシで間に合った!」
「Amazonではまだ買える」

   31日朝には、ツイッター上ではこんな報告が相次いでいた。ただ、「駆け込み需要」のため、ネットショップでは売り切れも続出。ツイッターによると、18時現在、店頭でも売り切れが出始めているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中