東京メトロ電飾看板で連続「ぼや・けむり」 再発防止で東京消防庁が同社を指導

印刷

   東京メトロの駅構内に設置された広告や案内表示の電飾看板で、ぼやが相次いでいた。原因は、蛍光灯の照明器具の電圧を調整する安定器の劣化という。

   東京メトロは交換時期を15年に設定していたが、22年も使われていたものもあったという。地下鉄は本当に大丈夫なのか。

「15年交換規定」に見落としで22年間使用

   東京メトロによると、2013年4月21日13時ごろ、日比谷線人形町駅のホーム壁面に設置された電飾広告から白煙が上がった。これに続いて、5月6日14時前に、日比谷線茅場町の改札の電飾案内板でもぼやがあった。いずれもすぐに消し止められ、けが人や電車の遅れなどはなかった。

   原因は、蛍光灯の放電を調整する安定器が焦げていたこと。今回問題となった人形町の安定器は導入から14年、茅場町駅にいたっては22年も経過していた。

   安定器の交換時期を東京メトロでは15年に設定している。一方、照明器具メーカーの業界団体は10年での交換を推奨しているという。

   東京メトロによると、「業界団体の推奨交換時期は点灯時間から概算したもので、実際にはメーカーにより7年から15年、10年から15年などバラつきがある。そこで独自に計算して15年とした」という。

   ただ、茅場町の件については盲点をつかれたようだ。

   実は、「交換時期が15年」と定まったのは比較的最近のことで、それ以前は一律の交換時期はなく、1~2年に一度点検をおこない、劣化が確認されれば交換と言うかたちで整備をおこなってきた。

   08年に新橋駅コンコースで「壁に埋め込むタイプの案内看板」からけむりがでたことと、11年8月の飯田橋に「壁に埋め込まないタイプの案内看板」からぼやがでたことから、これらについては「15年で交換」と定めた。

   ところが、今回ぼやを起こした茅場町の電飾案内板は、この時の規定に含まれていなかったため、交換されていなかった。

東京・千葉の駅の約1850か所を緊急に消灯

   今回、14年でだめになった人形町のケースを受け、導入から12年以上経過した東京・千葉の駅の電飾看板約1850か所を緊急に消灯し、対応しているという。

   東京消防庁は2013年5月27日付けで、地下鉄構内での大規模災害につながりかねないとして、再発防止策をまとめるよう同社を指導した。同社は今後の点検のあり方などの対策について検討中で、決まり次第報告する。

「このたび、人形町茅場町の発煙でご利用されているお客さまにはご迷惑・ご心配をおかけいたしました。速やかに対策を講じてまいります。大変申し訳ございませんでした」(同)
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中