イオン、「極力、値上げしません」 円安値上げラッシュに抗しえるのか

印刷

   「値上げの夏」がはじまった。大手スーパーはメーカーとの仕入れ価格の交渉に入っているが、イオンは「極力、このまま(の販売価格)で行きます」と、値上げしない考えを表明した。

   円安による値上げが相次いでいて、2013年6月からは電気やガスの料金が上がり、7月も値上げが決まっている。小麦やツナ缶も値上がりし、家計の負担は増すばかりだ。

原材料の高騰で、幅広い加工食品に波及

夏の値上げラッシュに、イオンは「極力、値上げしません」
夏の値上げラッシュに、イオンは「極力、値上げしません」

   アベノミクスによる円安進行の影響で、2013年6~7月は値上げラッシュだ。

   液化天然ガス(LNG)や原油などの輸入価格の上昇で、電力10社とガス4社14社は7月もそろって値上げする。原燃料費調整制度に基づく値上げで、一斉値上げは4か月連続。値上げ幅が最大となる東京電力は6月に168円、7月にはさらに116円値上げする。東京ガスは6月に113円、7月には80円 値上げする。

   食品も、メーカーが出荷価格を引き上げる。食用油が値上がり。5月1日から16品目のツナ缶の小売価格を2.2~6.1%引き上げた、はごろもフーズは6月も小型缶詰の内容量を80グラムから70グラムに減らし、実質値上げした。

   小麦粉は、日清フーズが家庭用を7月1日から2~7%値上げ、日清製粉と昭和産業、日本製粉は6月20日の出荷分から業務用(25キログラム)の一部を145~215円値上げする。

   小麦の値上げにより、山崎製パンは7月から「芳醇(ほうじゅん)」などの食パン3品目を3~6%、菓子パン12品目を2~6%値上げ。敷島製パンも7月から主力商品の「超熟」など5品目を4~6%値上げする。砂糖類や油脂類など原材料が高騰し続けていることもある。

   マヨネーズは、キューピーが7月から家庭用で4~9%、業務用で5~9%値上げ。味の素は8月の出荷分から家庭用「ピュアセレクト」を6%、業務用マヨネーズなどを3~9%値上げする。

   日本ハムは、ハム・ソーセージなど151品目を実質的に5~11%値上げ。日清フーズはパスタソースを7月から、家庭用の一部を除き9~11%値上げする。値上げは幅広い加工食品に及んできた。

   こうしたメーカーの値上げ発表に、小売大手のイオンやセブン&アイホールディングス(HD)は現在、仕入れ価格の交渉などに取り組んでいる。

   足もとでは株価上昇にブレーキがかかってきたこともあり、今夏の値上げラッシュが、ようやく回復しつつある消費動向を冷やす恐れがある。そのため、「極力、値上げしない方向でやっています」と、イオンはいう。

値上げ、「決めているわけではありません」

   メーカーの値上げへの対応について、イオンは「当社は物流を自前で行っていることもあり、積載効率を高めることで物流コストを下げ、値上げ分を全体的に吸収したいと考えています」と説明する。

   一方、セブン&アイHDは、「現在、まさに仕入れ(担当者)が各メーカーと交渉しているところで、(値上げを)決めているわけではありません」と話す。

   また、小売大手はメーカーに生産を委託して、価格の安いプライベートブランド(PB=自主企画)商品を販売している。メーカー側はPB商品の値上げも検討していることから、小売大手はここでも交渉を重ね、知恵をしぼっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中