グーグルグラスに顔認識機能搭載見送り

印刷

   Googleは2013年6月1日、同社のめがね型ウェアラブルコンピュータ「Google Glass」に、当面、顔認識機能を搭載しないと「Google+」の公式プロジェクトページで明らかにした。

「多くの人々がGlassにおける顔認識技術の可能性について興味と懸念を示してい る。当社は、何年も前から言っている通り、強力なプライバシー保護対策が整わないうちは、自社製品に顔認識機能を搭載するつもりはない。このため、顔認識技術を用いた、いずれのGlass向けアプリケーションも、現段階では承認しない」

   Google Glassは現在、開発者や「Glass Explorer」と呼ばれる一般ベータテスター向けに、早期テスト版「Explorer Edition」が今春から提供中。この提供開始当初から、米国では、プライバシー侵害につながる可能性があるとして懸念の声が上がっていた。

   一般消費者向けのリリースは、当初2013年中とされていたが、2014年にずれ込む見込みだと4月に報じられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中