楽天・三木谷社長、在日質問に激怒 当然なのか、スルーすべきなのか

印刷

   楽天の三木谷浩史会長兼社長(48)が、在日朝鮮人かどうかツイッターで聞かれ、激怒したことがネットで話題だ。

   三木谷浩史氏は、政府の産業競争力会議で突然、インターネット国有化論をブチ上げ、論議を呼んだ。

「いつもくだらないこと、聞かれます」

在日質問にキレた!
在日質問にキレた!

   ツイッターでは、2013年4月1日の会合で提唱したことに反対が出たことを残念がっている。6月3日のツイートでは、「国有化、無料化が正しいと思う」と再度主張し、都市部に無線LANの公共Wifiを引きまくればいいとつぶやいた。「高速道路に比べりゃ安いもんだ」というのだ。

   そして、「大いに賛成」などと反応があると、「日本発のインターネットルネッサンスがはじまる」とさらに持論をぶった。

   ところが、「始まらないでしょう!」「Wifiが繋がらなくて結局携帯の回線で使うことがしばしば」などと、疑問の声も出始めた。ついには、ネット上の迷惑行為を止めてもらうために認証IDを発行したいのでは、と憶測するネットユーザーも現れた。そして、このユーザーは、「在日には使わせない様にしましょう。ところで、あなたは?」と三木谷氏に在日かどうか直球の質問をしたのだ。

   すると、三木谷氏は、怒りを抑えきれないかのように、こうツイートした。

「いつもくだらないこと、聞かれますげど、僕は生粋の日本人です」

   そして、「もし在日なら何か問題あるの?」と逆に問い返した。

   しかし、「あるでしょうねえ」などとさらに返され、前出のユーザーに至っては、「巻物状の家系図をお持ちですか?」と三木谷氏に迫るほどだった。

   これに対し、三木谷氏は抑え気味に、「お互いに尊敬しあう関係」の大切さを今度は説き始めた。

   分かりやすくするためか、三木谷浩史氏は、韓国最大手のメーカー「サムスン電子」の社長に自宅へ招待され、さらに隣のサムスン財団の美術館を本人に案内してもらったときのことを持ち出した。

細野豪志民主党幹事長も、在日認定に不快感

「韓国の高度な伝統工藝技術は素晴らしい。その、変化の時代背景も面白かった。IT駆使して説明、すごい」

   三木谷氏は、相手側に尊敬できることも多いことを強調したかったようだ。

   しかし、在日バッシングは止まず、「在日認定見苦しい」とのツイートに対しては、三木谷氏はこう激怒した。

   「頭悪いんじやないの?だから在日じゃないって言ってるでしょ」

   匿名のツイートが多いらしく、「実名でツィートしろよ」とも批判した。

   三木谷氏が反撃に出たことについては、ネット上で賛否が分かれている。

   「そりゃキレるよ」「さすがにこれはお気の毒w」と理解する声も多かった。その一方で、「いちいち構うようなことか」「どうでもイーグルスって返すくらいの器量ないんかね」などと揶揄する向きも出ている。

   なお、「在日認定見苦しい」とのツイートは、三木谷氏に誤解されて伝わったようだ。ツイート主は、在日認定する人たちを批判してつぶやいたとその真意を説明している。

   ちなみに、政財界などでは、勝手に在日認定されてしまうケースも多いらしい。

   自民党の河野太郎衆院議員は、在日認定に激怒したツイートが話題になった。また、民主党の細野豪志幹事長は、三木谷氏と同じ2013年6月3日のツイートで、「うるさい在日」と呼ばれたことにこう不快感を示している。

「これまで沈黙してきましたが、こういうツイートはやめていただきたい。私は先祖からの日本人ですが、在日の人たちを卑下するかのような表現は、少なくとも私のツイッターのやり取りの中で見過ごすことはできません」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中