小澤征悦モテモテ「泥沼バトル」は本当なの? 征するのは滝川クリステルか、杏か

印刷

   人気モデルの杏さん(27)と、フリーアナウンサーの滝川クリステルさん(35)との間で二股交際の噂されてきた俳優の小澤征悦さん(38)。父は指揮者の小澤征爾、ミュージシャンの小沢健二が従兄だ。背が高く、大河ドラマの常連だ。

   数年前、杏さんとの交際報道が出た2か月後に滝川さんとのデートが激写されて以来、各週刊誌はこぞって「本命は杏さんだ」「いや滝クリだ」と書き立ててきた。

   最近では滝川さんがやや優勢になっているようだが、本当のところはどうなっているのだろうか。

「両手をついてあやまったって許してあげない」

   そもそも報道合戦のきっかけとなったのは、2009年5月女性セブンが杏さんとの交際を報じ、杏さんがそれを「認めた」ことだ。実際にはイベントに出てきた時に頷いただけだったのだが、12年1月には女性自身が杏さんとの仲は「小澤家公認」と書き、12月にはサンデー毎日までが乗っかって、「結婚秒読み」とした。

   一方、最初の記事が出てから3か月後の09年12月には、すでに滝川さんが「参戦」。フライデーが「8時間デート」を激写。両者は当時、交際を否定していたが、12年2月には週刊文春が「(滝川さんが)杏から小澤征悦を再奪回!」と伝えた。

   小澤さんをめぐる杏さんと滝川さんのバトルがことさら注目されるようになったのは、12年11月におこなわれた征悦さんの姉の女流作家・小澤征良(おざわ せいら)さんの結婚披露宴で起きた事件からだ。杏さんと滝川さんが招待され、なんと席が隣同士だったという。

   滝川さんは途中退出し、その後、杏さんはアドリブで小澤さんにデュエットを迫った。その曲名は「3年目の浮気」。

   「3年目の浮気ぐらい大目にみろよ」という男に対して、「よくいうわ。いつもだましてばかりで・・・」と女性が嘆く、およそ結婚披露宴にはふさわしくない選曲だったので、「あてつけではないか」と騒がれた。

宮根「まあクリステルも結婚適齢期ですから」

   最近では13年4~5月にかけて、女性セブンが滝川さんとのペアルックTシャツや交際宣言などを書いていて、形勢は滝川さんに有利と見られているが、結局、小澤さんはいったいどちらが「本命」なのか。

   芸能リポーターの井上公造さんは13年6月3日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日テレ系)で、滝川さんではとの見方を示す。キャスターを努めた「Mr.サンデー」(フジ)を降板したタイミングで報道が出始めたのがその理由だという。

   ただ、スタジオはそろって、「泥沼バトルで滝クリが勝利」との見方については疑問を呈していた。「(結婚披露宴について)実際に交際してたらこれ呼べないですよね」(井上さん)。「Mr.サンデー」で共演し、「ずっと仕事やってたので大体のことはわかってますけど」と胸を張る司会の宮根誠司(50)も「クリステルは帰りたかったら帰りますからねえ、自由ですから」と説明した。

   さらに、「人のものをとってぐちゃぐちゃするのが、一番面倒くさい女なんですよ、この人は」と滝川さんに限って略奪するはずがないと否定。3人は家族ぐるみで友達で、お酒飲んで遊びにいったりしている。「グループ交際の中でひょっとしたら小澤さんとクリステルのお付き合いというふうになったんだと思いますけど、三つ巴の争奪戦とかはおそらくない」と強調し、小澤さんに対してこう呼びかけた。

「まあクリステルも結婚適齢期ですから、もし付き合ってるのなら、小澤さんよろしくお願い致します」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中