矢口真里にバッシング止まず 過熱する週刊誌報道、デヴィ夫人「女性の恥!」

印刷

   俳優の中村昌也さん(27)との離婚を発表してから1週間が経ったが、矢口真里さん(30)はいまだに「雲隠れ」したままだ。

   矢口さんからの釈明が何もないせいもあってか、週刊誌の報道は過激さを増している。他の芸能人からも批判の声が上がっており、矢口さんの立場はますます悪くなり続けている。

「2000万で悪者になってと電話」「不倫相手は『今矢口っちゃんと一緒』」

いまや四面楚歌状態?(08年4月撮影)
いまや四面楚歌状態?(08年4月撮影)

   2013年5月16日に「子育てに対する意識の相違」として、中村さんと矢口さんの別居を初めて報じた「女性セブン」は、6月6日発売号では「傷心の矢口さんを不倫相手のモデル・梅田賢三さんが支えている」という記事を掲載している。

   梅田さんと現在も連絡を取り合っているモデル仲間の話として、「LINEで『今矢口っちゃんと一緒にいます』『ふたりでいれば何があっても大丈夫です』というメッセージが来る」「不倫という意識はあまりなかったのか『LOVEマシーン、ゲットっす!』なんて笑ってた」と紹介、なんと矢口さんと梅田さんの関係が続いているというのだ。

   同日発売の「週刊文春」では、中村さんが不倫現場を発見後、近くに住む矢口さんの母親を呼んでその現場を見せ、中村さんに土下座した、中村さんあてに何者かから「2000万円で悪者になってくれ、浮気の件は黙っていてくれ、そのほかに2~3000万円を所属事務所に支払う」という電話があり、身の危険を感じた、などの話を中村さんの複数の知人の証言として掲載している。

   これらの真偽はまだわからないが、世間では今に至るまで何の説明もしない矢口さんへの不信感が募っており、インターネット上では「これほんとだったら矢口まじキングオブクズ」「矢口のことだから真実なんだろうなと思えてしまう」といった感想が書き込まれている。

デヴィ夫人「盗っ人猛々しい、許せない、恥を知れ!」

   芸能界からも批判の声が上がっている。

   デヴィ夫人は2013年6月5日、「矢口真理 女性の恥!!!」(原文ママ)というタイトルのブログを更新した。

   これまでの報道を引用し、梅田さんについて「間男発覚が 得意げに 話せる 最低な男!」、矢口さんについては「盗っ人 猛々しい、許せない、矢口真理よ、恥を知れ!!!」と書き、かなり怒っている様子だ。

「バレるとか バレないとかいう前に 夫のいない間に 間男を 連れ込んで 夫婦のベッドで SEXするなんて、それも 常習犯だったとは・・・こんな女性が TVに出演し ノウノウと 仕事をし CM出演しているなんて 呆れます。あり得ません!!!言語道断です!!!矢口真理は、日本の女性の恥です!!!」

   一方で中村さんに対しては「なんて 器の大きい 男らしい男性なのでしょう!!!」「中村さん、絶対にがんばっていただきたい、応援します、私!!!」と温かい言葉をかけている。

   ここまで強い口調の批判は見られないが、6月3日には石田純一さんが都内で行われたイベントで「そういうことってあるんじゃないのかなあ」とフォローしつつも、「結局、人生を賭けたというか、そういうどうしてもっていうような部分ではなかったのかなとお見受けしたので、ちょっとしたノリというか…」と、矢口さんの軽率さを指摘するような発言をした。

   翌4日には神田うのさんが報道陣に「あれ本当だったら相当なもんですよね、ちょっとゾッとする…本当なんですかね?」「ご自宅に?他の?ちょっと考えられないですよね」と、驚いた様子で語った。さらに男性記者に「男性としてはキツイですよね?」と問いかけ、「女性としてもちょっと、ああいう感じの女性…だったんですかね?人は見かけによらないんだなぁって」とコメント。終始笑顔だったが、矢口さんへの不信感をにじませていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中