ヤマダ電機、中国・天津店を6月末に閉鎖 瀋陽店だけに

印刷

   家電量販店最大手のヤマダ電機は、中国にある天津店を2013年6月30で閉鎖する。6月6日に同社が発表した。5月末に南京店を閉鎖しており、中国で残る店舗は瀋陽店だけとなる。

   閉鎖する天津店は2011年6月に開業。同社の中国進出2か店目で、店舗面積は1万5000平方メートルの大型店だった。売上高は公表していない。

   中国の家電市場が当初の想定より伸び悩んだほか、沖縄県の尖閣問題に端を発した日本製品の不買運動が響いた。現地で仕入れなどの仕組みが十分に構築できなかったことも閉鎖の理由という。今後は店舗の譲渡・転貸のほか、他社との業務提携による営業再開も検討する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中