漫画「どげせん」の作者「パクリでは?」 「謝罪の王様」配給元の東宝は完全否定

印刷

   宮藤官九郎さん脚本の映画『謝罪の王様』(9月公開予定)について、土下座をテーマにした漫画「どげせん」の作者が、漫画のパクリではないのかとツイートして物議を醸している。映画配給元の東宝は、「企画から違うものです」と完全否定している。

   映画「謝罪の王様」は、公式サイトの紹介文を見ると、主演の阿部サダヲさん(43)扮する謝罪師がいくつもの難問を謝罪のテクニックで解決していくというストーリーだ。

脚本を書いた宮藤官九郎さんをも批判

「謝罪の王様」公式サイト
「謝罪の王様」公式サイト

   これに対し、「どげせん」作者の1人のRINさん(56)が2013年6月8日からパクリ疑惑を指摘するツイートを始めた。

   どげせんは、「週刊漫画ゴラク」で10年11月から1年近く連載された。高校教師があらゆる問題に土下座で立ち向かうというものだ。その後は、作者2人が袂を分かち、RINさんは「どげせんR」を13年1月まで別雑誌で続けていた。

   RINさんはまず、謝罪の王様のポスターを見て驚いたと明かした。

「宮藤官九郎ほどの才人に、、、、パクられたぜ!どうせ、どげせんも謝男も知らん、とか言いやがるんだろうが、、、汚いな」

   「謝男」とは、もう1人の作者の続編だ。さらに、RINさんは、怒りが抑えられない様子で、「取りあえず宮藤官九郎に道で会ったら殴りたいね」とまで漏らした。謝罪の王様については、「まんまどげせんじゃん」と指摘し、「やったもん勝ちみたいな風潮には反吐が出るわ」とぶちまけている。

   そして、RINさんはこの日、謝罪の王様の公式ツイッターに向け、「正式に抗議したいので連絡して下さい」と呼びかけた。映画の情報は12年9月末には聞いていて、連絡を待っていたが来なかったので、ツイッターで疑惑を訴えることにしたという。

   しかし、ツイッター上では、RINさんの主張についても疑問が相次いだ。

官九郎さんは関わっていない可能性も?

   パクリへの疑問の1つが、土下座をテーマにしたものは過去にもあるという点だ。

   フジテレビ系のバラエティ番組「笑う犬の生活」では、土下座1つで怒りを鎮めるコント「関東土下座組」が10年以上前に披露されていた。番組では、宮藤官九郎さんが構成作家を一時務めていた。そのほかにも、漫画などでも見たという声があった。

   また、ポスターや公式サイトなどは映画制作サイドが考えたことで、官九郎さんはノータッチの可能性があるのではといった指摘があった。

   これに対し、RINさんは、ストーリーについてはパクリではなく、官九郎さんも関わっていない可能性があることを認めた。また、官九郎さんを殴りたいと漏らしたことに批判が相次いだことから、その発言については謝罪した。様々な意見を受けて冷静になったとして、前出の過激なツイートなどは削除した。

   しかし、土下座は専売特許ではないとはしながらも、謝罪の王様には、予告編の動画などから、なおパクリの疑いがあるとの主張を変えていない。特に、ポスターについては、漫画と顔が同じなどとして、差し替えを求めている。

   RINさんは、2013年6月10日に配給元の東宝に電話を入れたことをツイッターで明らかにした。内容は明らかにできないとしたが、「とても真摯に対応してくれました」としている。

   東宝の宣伝部では、取材に対し、パクリ疑惑を明確に否定し、「企画から違うものですし、どげせんとは関係はありません」と説明した。ポスターについても、「まったく関係ありません」といい、差し替えることはないとした。RINさんと話し合いをしたことは認めたものの、特に発表することはないとしている。

   官九郎さんが所属する劇団「大人計画」に取材すると、映画制作をした日本テレビが対応しているとしたが、日テレの総合広報部では、担当者が席を外しているなどとして話が聞けなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中