こっそり「飛ぶボール」に変更 日本野球機構ダンマリの「なぜ」

印刷

   プロ野球で使われている「統一球」で、驚くべき事実が発覚した。ボールの仕様が今季から変更されたにもかかわらず、日本野球機構(NPB)が事実を公表せずに選手側からの追及でようやく認めたのだ。

   導入にあたって「国際大会に対応するため」との理由が掲げられた統一球だが、結局は米大リーグで使われているボールとも違う独自仕様。「飛ぶ、飛ばない」で選手たちを翻弄する統一球の存在意義とは何なのか。

本塁打が少ないと面白くないから仕様変更?

選手には変更が知らされていなかった
選手には変更が知らされていなかった

   「今年のボールはよく飛ぶ」――。シーズン開幕以降、プロ野球を巡って飛び交っていた「ウワサ」は事実だった。NPBは2013年6月11日、日本プロ野球選手会との事務折衝で、今季から統一球に変更を加えた事実を認めたのだ。下田邦夫事務局長は報道陣に「昨季は球の反発係数が下限の数値を下回ることが多かったため、既定の数値に収まるよう調整した」との趣旨を話したという。

   問題なのはNPB側が、ボールの仕様を変えたのに今まで事実を認めてこなかった点だ。しかも、メーカー側に対しても「変わっていない」と答えるよう要請していたという。スポーツジャーナリストの菅谷齊氏は、「ダンマリを続けていたのは前代未聞。今の時期に明らかになったのは、NPBが何らかの事情で『隠し通せない』と観念したのでしょう」と指摘する。

   4月7日は全5試合で17本の本塁打が飛び出し、「統一球導入後最多」と日刊スポーツが報じた。2012年シーズンは1日10本塁打以上が9日間しかなかったが、今季は開幕わずか10日目ですでに3日間を数えていた。6月10日までに、横浜DeNAベイスターズのブランコ選手は既に23本塁打。昨季のセ・リーグ本塁打王バレンティン選手(東京ヤクルトスワローズ)がトータルで31本だから、いかにハイペースかが分かる。菅谷氏は「本塁打があまりにも少ないと観客にとっても面白みが減る。その点を考慮したのだろう」と変更の意図を推測する。

   統一球が導入されたのは2011年。それまでは12球団が個別にメーカーと契約、発注していた。規定の範囲内とはいえ、複数メーカーが製造したボールの仕様は微妙に違う。飛距離を左右する反発係数は上限と下限の範囲内に収まればよい。「例えば強力打線の球団は、『飛ぶボール』をホームゲーム用に準備すれば有利です」(菅谷氏)。不公平感をなくす意味で、加藤良三コミッショナーが音頭をとり、メーカーを1社に限定して全球団共通のボールの使用を提案した。ところが導入後、統一球そのものが従来と比べて飛ばないボールだとはっきりしたのだ。

「国際標準」ぶちあげたがWBCでは採用されず

   統一球の反発係数の下限は0.4134という数値が定められているが、昨季のボールはこれを下回るケースがあったという。そこで今季は「基準値に戻す」措置を加えたというのがNPB側の言い分だ。だが何も知らされなかった選手はたまらない。投球や打撃に大いに影響するからだ。果てはチームの勝敗をも左右する。選手個人としては、ボールの変更で成績が落ちれば査定に響く。球界に激震が走った6月12日、各球団の監督や選手はマスコミの取材に対して具体的なコメントを避け、「与えられた環境で全力を尽くす」などと応じていた。

   加藤コミッショナーは統一球導入を提案した際、「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」のような国際大会で日本人選手がボールの違いに戸惑ったことがきっかけだと口にした。統一球を国際標準にして、世界の大会で採用してもらいたいともぶち上げた。だが2013年の第3回WBCでは統一球が使われておらず、結局はまたも日本人選手が「WBC球」の対応に苦慮する「悲劇」が繰り返された。菅谷氏は「NPBが『WBCこそプロ野球界にとって最重要』との方針を打ち出すなら、シーズン中にWBC球を使えばいい」と話す。要はNPB側のイニシアチブの問題というわけだ。

   ただし菅谷氏自身は、「日本人選手の体躯に合ったボールの仕様というものがあります。大リーグなど海外選手が使っている球をそのまま導入すればよいとは思いません」との意見だ。球団ごとに、ボールによって不公平が生じる芽を摘もうとの統一球の理念には賛同するが、今回のように「コミッショナーサイドで勝手に『法律』を変えておきながら公表もせず、選手に言われて『本当は変えました』と白状するのはあまりにもお粗末。球界全体の責任問題です」と厳しい。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中