オーウェル「1984年」、米アマゾン売り上げ7005%増

印刷

   ジョージ・オーウェルのディストピア(反ユートピア)小説「1984年」のアメリカでの販売部数が急増している。AFPが2013年6月12日、伝えたところによると、米政府によるインターネットや電話の記録の監視が明らかになった影響という。

   米インターネット小売大手アマゾン・ドットコムにある、売上ランキングで過去24時間で最も売り上げが伸びた本を紹介する「本のヒット商品」ページで、オーウェル生誕100年記念版の「1984年」は7005%の伸び率を見せた。

   「1984年」は「ビッグ・ブラザー」と呼ばれる独裁者により、思想・言語・結婚などあらゆる市民生活に統制が加えられ、市民は常にほぼすべての行動が監視されている世界を描いている。村上春樹の「1Q84」も、「1984年」を念頭に置いて書かれたとされている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中