橋下市長「小金稼ぎ」発言撤回、謝罪 水道橋博士「途中降板」騒動収まらず

印刷

   タレントの水道橋博士さん(50)が、橋下徹大阪市長(43)の発言を受けてテレビ大阪の番組「たかじんNOマネー」の生放送を途中で退席、そのまま降板したことが話題になっている。

   視聴者から「逃げたのか」との声が上がったが、水道橋さんは「橋下氏のパロディーだ」と反論。これに対し橋下市長から大量にリプライが寄せられるなど、放送終了後も2人のバトルが続いている。

「小金稼ぎと言ったので、今日で番組を降ろさせていただきます」

   「事件」が起きたのは2013年6月15日放送の「たかじんNOマネー」でのことだ。橋下市長が生出演し、いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる発言についてコメンテーターと徹底討論する内容だった。

   6月1日放送回で「橋下市長『従軍慰安婦発言』問題アリ?問題ナシ?」という質問に対し、コメンテーターは全員「問題アリ」としたのだが、視聴者投票では「問題アリ」2011票、「問題ナシ」7713票という結果が出たことについて、橋下市長は番組冒頭で「やはり有権者の方は冷静だなと。小金稼ぎのためのコメンテーターとは違いますよ」と発言した。

   その後、水道橋さんを含めコメンテーターと橋下市長が激論を交わしていたが、放送時間残り5分ほどで突然、水道橋さんが話の腰を折って「すいません」と切り出した。

「橋下さんが小金稼ぎと言ったので、僕今日で番組を降ろさせていただきます。(小金稼ぎとは)違います。3年間ありがとうございました」

   そして立ち上がってスタジオを後にし、とうとう放送終了まで戻って来ることはなかった。

   この様子を見ていた視聴者は、水道橋さんのツイッターアカウントあてに「逃げ出したwwwwwwだっせえwwwwwwww」「逃げるなー」などのリプライを飛ばした。

自身の行動が橋下市長の「パロディー」だったと明かす

   水道橋さんは批判を受けて、「罵声は良いけど『逃げた』は不本意だなぁ。かって本人がサンジャポの生放送でやったことをやった」とツイート、自身の行動が橋下市長の「パロディー」だったと明かした。

   「サンジャポの生放送でやったこと」とは、橋下市長がまだ弁護士だった03年10月、「サンデー・ジャポン」(TBS系)で中国での日本人集団買春疑惑について「買春は中国に対するODAのようなもの」と発言したことを反省し、生放送中に話の腰を折って突然立ち上がり「番組を降板させていただきたいと思います。弁護士としてけじめをつけます」と降板発表したことだ。

   橋下市長は水道橋さんのツイートに対し、「『小金稼ぎの』は撤回します。すみませんでした」と詫びつつ、「ただ政治家である僕らは常に責任を負っていることを理解して下さい」と訴えた。

「博士さんは、僕がかつてTBSサンジャポを降板したことを引き合いに出されていますが、あのときは責任をとって辞めました。しかし今回の博士さんは責任をとったのではなく、批判をされて辞めたのですよね。僕の場合と決定的に異なります」
「皆さん僕のいないところで人格攻撃をしてきたり、事実誤認に基づく批判をしてきます。そしてテレビを使って間違ったコメントを流しても、その後何の責任も問われません。大谷(昭宏)氏は僕がいないときには人格攻撃。そのことが積み重なり『小金稼ぎ』と言ってしまいましたが、これは撤回し、お詫びします」
「僕は小金稼ぎと言いましたが、博士さんは相当高いギャラをもらっていたから怒られたと理解しておきます(笑)」

などと17回にわたって、皮肉めいたリプライを送った。

   水道橋さんはこれに対し、「こちらこそ、すみませんでした。わかりあえないこともわかってください」と1回のリプライで切り捨てた。しかしその後も自身への擁護や批判ツイートをリツイートしたり、「『小銭』なのか『小金』なのか、ハッキリさせたい気が……」などとツイートしている。「場外乱闘」はしばらく続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中