「あまちゃん人気」止まらない イラスト、まとめ…「ネット応援団」が盛り上げる

印刷

   NHKの朝ドラ「あまちゃん」は、なぜこうも人気なのか。「クドカン」こと宮藤官九郎さん(42)の脚本、あるいはヒロイン・能年玲奈さん(19)の魅力――識者もさまざまに分析するが、注目したいのはネットを通じた「視聴者」の活発な動きだ。

   連日の「実況」はもちろんのこと、作品を題材にしたイラスト、また見所などを紹介する「NAVERまとめ」などが、有志により続々と投稿されている。いわば「ネット応援団」ともいえる視聴者自らが、「あまちゃん」現象の拡散に一役買っている格好だ。

ツイッターでの「話題度」で5月は4位に

「あまちゃん」公式ウェブサイト。快進撃が続く
「あまちゃん」公式ウェブサイト。快進撃が続く

   2013年6月13日放送の「あまちゃん」では、主人公たちが「海女~ソニック」と名付けたステージに望む様子が描かれた。歌あり、ギャグあり、そしてシリアスな「引き」ありと盛りだくさんの内容で、視聴率も過去トップクラスの22.1%を記録した。ツイッターでも、

「『あたためておいた』ってエンターテナー花巻さん最高!」
「潮騒のメモリーの合いの手やばいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「おお!オタ芸もちゃんとあるじゃん。またまたやるな、NHK」
「アキもそこそこコールは我が家全員『そこそことはなんだ!』と怒りの声!特に息子(小2)(笑)」
「じぇじぇじぇじぇじぇー!」
「春子さんこぇーー!(;o;)どうなる明日!」

と、他の日の倍近い実況ツイートが飛び交った。

   宮藤さんの初「朝ドラ」ということで、放送開始直後から評判だった「あまちゃん」だが、ネットの盛り上がりは、放送が進むごとにむしろ加速している。NECビッグローブの調べでは、発言のテーマを示すハッシュタグの投稿数で、「あまちゃん」は4月の11位から、5月には4位にまで順位を伸ばした。

「あま絵」も相次いで祭状態に

   実況のみならず、創作的な反響が多いのも特徴だ。特に作品を題材にしたイラストなどは「あま絵」と呼ばれ、プロ・アマを問わず、多くの投稿が集まる。主演の能年さん本人も「あま絵」を楽しみに見ていることをブログで明かし、漫画家のこなみ詔子さんから贈られたイラストを手にした写真をアップしたほど。吉田戦車さんや江口寿史さんといった有名漫画家も「あま絵」をツイッターで公開している。

   著名人の言及も多い。作品の舞台である岩手県の達増拓也知事はもちろん、糸井重里さん、現代美術家の村上隆さん、作家の中森明夫さんや、映画評論家の町山智浩さんも感想をつぶやく。また本編の音楽担当の大友良英さんもツイッターを通じ、積極的に劇伴についての裏話を解説する。

   NAVERまとめの「活用」も目立つ。上記のような「あま絵」や著名人のあまちゃん評のみならず、作中に仕掛けられた多数の「小ネタ」や伏線の分析、登場する店などのモデル紹介など、さまざまな切り口でまとめが作られている。こうした話題の広がり方は、他のドラマではなかなか見られない。そもそも作品が面白いから、こうした「ネット勝手連」のような現象が起きたともいえる。

   すでに番組が始まって2か月が経つが、ツイッターを見ると「最近見始めた」という声も多数見られる。中には「周りの実況ツイートが気になって」、という人も。視聴率も14日にここまでで最高の22.2%を出すなど、上昇が続いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中