全柔連前理事わいせつ問題 女性からの被害届受理

印刷

   全日本柔道連盟(全柔連)の福田二朗前理事(76)が柔道関係者の女性にわいせつ行為をしたとされる問題で、女性が警視庁に被害届を提出し、受理されていたことが、2013年6月19日までにわかった。時事通信社などが報じている。

   福田前理事は12年12月、女性らと飲酒した後にエレベーター内でキスを強要、体を無理矢理触るなどしたという。前理事は聞き取り調査で事実関係を認め、13年5月31日に理事を辞任した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中