川崎重工の社長解任劇、日本取引所が「調査中」情報開示姿勢めぐり

印刷

   日本取引所グループの斉藤惇グループ最高経営責任者(CEO)は2013年6月18日の定例記者会見で、川崎重工業による前社長の解任について「株主というものがまったく頭から消えている」と批判した。

   川崎重工は三井造船との経営統合交渉が伝わった時点でいったん交渉事実自体を否定するなど、正しい情報開示に疑念が生じている。

   斉藤氏は「会社が出す情報を信じて投資する人のお金のおかげで(会社が)運営できることを経営者は一番意識しないといけない。かなり重要な情報なので正しく株主に伝えて頂きたかった」と不快感を示した。

   取引所として川崎重工の情報開示姿勢をめぐり、「詳細を調査中」という。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中