「宇宙人写真」投稿の中国人男性逮捕される 黄河で発見した宇宙人はゴム人形の偽物

印刷

   「宇宙人」の写真をブログに投稿し、中国ネットの注目を集めた山東省の男性が、写真は嘘だったと認め、警察に逮捕されてしまった。

   容疑は社会秩序を乱したことなどで、5日間の拘留を経て現在は釈放されたという。

   ネットでは、逮捕はやりすぎではないかという見方が出て「恐ろしい…」「ユーモアを認めてやれ」などと話題になっている。

感電死した宇宙人の死体を冷蔵庫で保管

「発見された」宇宙人はゴム人形だった
「発見された」宇宙人はゴム人形だった

   男性は2013年6月初旬、黄河の川岸で宇宙人を発見し、感電死させたとブログに投稿した。ブログによると、男性はウサギを捕まえるために、「触れると電流が流れる罠」を黄河の河原に仕掛けていた。それを回収しに行った際、バイクの上にUFOの一群が浮いているのを見た。UFOから5人の宇宙人が降りてきて、うち1人が仕掛けていた罠にかかり、その場で感電死してしまった。残る4人はそのまま UFO に乗って去っていった。男性は、感電死した宇宙人の死体を家に持ち帰り冷蔵庫で保管していたという。

   その後、地元や北京市から専門家らが調査にやってきた。中国のET Todayによると、国立研究所は「宇宙人のDNA は人類のものとは異なる」との検査結果を男性に明かした。しかし、他の専門家らは「宇宙人のことは決して口外しないように」と伝えるだけだったそうだ。

   そのため、男性は不安になり、宇宙人発見から3か月後の6月になって、写真を公開したのだという。

   この投稿が中国のSNSで「拡散」すると、人々が信じてしまうのを恐れた当局はすぐさま記事を削除。それだけでなく男性は逮捕され、5日間の拘留を受けることになってしまった。

   警察の発表によると、「感電死して発見された宇宙人は高品質な偽物。身体はゴムで出来ていた」そうだ。

   男性は当初、宇宙人がゴム人形の偽物だとは認めなかった。しかし、警官がコンピューターのファイルを調べたところ、さらなる証拠が見つかったので、結局自白することになった。ワイヤーと糊で自作したのだという。

「中国ではデマ飛ばすと逮捕されるんですね」

   釈放後に現地メディアの取材に応じた男性は、「UFOが大好きで、他の人たちに宇宙人の存在を信じて欲しかった」「宇宙人ポールの映画見て、宇宙人の偽物作った」などと話しているそうだ。宇宙人ポールは2011年公開のイギリス映画。政府の監視から脱走した宇宙人ポールがヒッチハイクするというコメディSFだ。

   このニュースに、日本のネットでは「中国ではデマ飛ばすと逮捕されるんですね」と驚きの声が相次いでいる。

「えぇぇぇええええええええええええ」
「いーじゃん!なんでタイーホなんだようー」
「こんなんで社会秩序が乱れるのがおかしい」
「ユーモアを認めてやれ」

   また、「一見だまされそうなかなりの力作だったね」「宇宙人ポールいいよね」「気が合いそう」と男性を讃える声もあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中