矢口真里所属の大手芸能プログループ、6月末でお笑い部門撤退か 芸人たちが次々とブログで発表

印刷

   不倫問題でお騒がせ中の矢口真里さんが所属する大手芸能プロ「アップフロントグループ」の系列事務所「ジェイピィールーム」がお笑い部門から2013年6月末で撤退する模様だ。

   事務所から正式発表はないものの、6月19日から所属芸人らが相次いでブログで発表。突然の知らせにファンだけでなく、芸人たちからも困惑する声が上がっている。

「移籍しようとか全く思ってなかったのに!」

   M-1ファイナリストで、「オンバト+」の第2回チャンピオンでもある「タイムマシーン3号」の山本浩司さんは「突然ですが、皆様にご報告させていただきます」と6月19日にブログを更新。「僕たちタイムマシーン3号は、今年の6月いっぱいで、長年お世話になったアップフロントグループ(JPルーム)を離れることとなりました」と発表した。

   「円満で(自分で言うのも妙ですが…)、休養期間もなく、今までのレギュラー番組も継続させていただきます」とトラブルはなかったことを強調。新しい事務所が決まれば報告するとしながらも、「と言うわけで今からハローワークへ行って来ます…」と冗談とも本気ともつかないことを書いている。

   6月19日には事務所主催の「最後のお笑いライブ」が開催されたようだ。出演したパーマ大佐さんは「最後という事で、お客さんも百人を超える超満員で、しもきた空間リバティ(編注:会場名)がパンパンになりました!」とブログに書いている。今後は仕事と並行して新しい事務所探しをするという。

   お侍ちゃんさんも「六月末をもちまして、拙者が所属するJPルームがお笑い部署を撤退することになり申した」とブログに書き、「長年お世話になった城なので大変残念でござるが、それぞれ新天地で頑張っていきますので今後ともよろしくお願いいたす」とそれぞれの芸人が個別に進路を探すことを明らかにしている。

   「チャンピオンジム」のジム原野さんは「移籍しようとか全く思ってなかったのに!人数少ない事務所なりにそれなりにチャンスもらえてると思ってたし!とつらい部分もありますが、まずはどこかしらの事務所にお世話になるべくオーディションを受ける日々になるかと思います」と困惑している。「相方のチャンピオンは結婚して、数ヵ月後にはチャンピオンjr.も産まれるという事なのでとりあえず頑張らないといけないとしか言えません」と現実的な問題も打ち明けている。

正式発表なく、憶測が飛び交う

   6月末に迫るお笑い部門の撤退だが、芸人からの報告も唐突な印象がぬぐえない。

   「グリンオリオン」の佐藤かずきさんは「僕らは2ヶ月だけでしたが、本当に素晴らしく優しい先輩方で最高の事務所でした」とツイート。新規契約直後の撤退が明らかとなり、芸人たちにとっても突然の知らせだったことを裏付ける。

   一部ニュースサイトでは矢口真里さんの不倫騒動によるCM契約の違約金が事務所運営を圧迫したのではないかという見立てを報じているが、関係は分からない。

   アップフロントグループは老舗の芸能プロダクションで、ジェイピィールームはその関連会社の一つ。同グループのお笑いタレントの大半はジェイピィールームに属している。

   ジェイピィールームに、撤退について問い合わせたが、担当者が不在とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中