エアアジア、ANAとの合弁解消を発表 「別々の道行くべき時が来た」

印刷

   マレーシアに拠点を置く格安航空会社(LCC)のエアアジアは2013年6月25日、全日空(ANA)の親会社にあたるANAホールディングス(ANA HD)の合弁関係を解消すると発表した。エアアジアとANA HDは11年に合弁会社「エアアジア・ジャパン」(エアアジアJ)を設立し、成田空港を拠点に国内線や東アジア路線を運航していたが、業績低迷が続いていた。

   エアアジアはエアアジアJ株の49%を保有していたが、全株を24億5000万円でANA HDに売却予定。エアアジアJによる運航は10月31日まで行われ、エアアジアからエアアジアJに貸し出されていた飛行機は11月1日までにすべて返却される。

   ANA HDは「共同事業解消後についても、引き続き成田を中心としたLCC事業を継続します」とコメントしている。

羽田・関空-クアラルンプール線は運航継続

エアアジア・ジャパンの1号機。合弁解消で11月までにマレーシアのエアアジアに返却される
エアアジア・ジャパンの1号機。合弁解消で11月までにマレーシアのエアアジアに返却される

   なお、エアアジアの長距離部門「エアアジアX」が運航している羽田・関空-クアラルンプール路線は従来通り運航される。

   エアアジアグループのトニー・フェルナンデスCEOは

「全日空に対しては歴史ある優れた日本の航空会社として敬意を持っていますが、我々には別々の道を行くべき時が来たようです」

とコメントを発表。両者の溝が埋まらなかったことを明かした。ただし、日本市場については比較的評価している様子だ。

「日本におけるエアアジアブランドの認知は進み、7月、8月は日本全体で大変好ましい利用動向を示しています。日本市場については現在も前向きにとらえており、エアアジアXの好業績が示しているようにLCC事業がさらに発展していく可能性があると信じています。日本の空の旅を変革するという我々の目標は変わらず、市場への再参入を検討しています」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中