「脱原発」提案、すべて否決 東電、関電など8社

印刷

   沖縄電力を除く全国の電力9社は2013年6月26日、一斉に株主総会を開いた。このうち北陸電力を除く、東京電力や関西電力など電力8社では、原子力発電からの撤退など「脱原発」を求める議案が一部の株主から提出されたが、いずれも否決された。

   電力各社は原子力規制委員会の新規制基準施行を7月8日に控え、原発の運転に向けた安全審査の申請準備を進めている。

   電力8社では、廃炉などを求める事前の株主提案が合計で72件にのぼった。

   東電は下河辺和彦会長が冒頭、「原発事故から2年あまり経過した今も、多大な迷惑と心配を掛けて深くおわびする」と陳謝。そのうえで「福島復興が再生の原点との認識に立ち、事故の責任を全うする。1日も早く経営を立て直したい」と強調した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中