吉永元検事総長が死去

印刷

   吉永祐介元検事総長が2013年6月23日、肺炎のため都内の病院で死去したとNHKが伝えた。81歳だった。

   吉永氏は岡山県の生まれ。岡山大学在学中に司法試験に合格し、1955年に検事に任官した。

   田中角栄元総理大臣が逮捕された1976年のロッキード事件では東京地検特捜部の主任検事を務め、特捜部長となってからはダグラス・グラマン事件を、さらに東京地検の検事正時代にはリクルート事件の捜査を指揮した。

   1993年、第18代の最高検察庁の検事総長に就任。

   1996年の退官後は弁護士として活動し、2004年、「瑞宝大綬章」を受章した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中