プロ野球選手会、「ボールすり替え問題」で激昂 コミッショナーに「辞めろ」要求、突きつける

印刷

   プロ野球選手会の、堪忍袋の緒が切れたようだ。「お辞めになったらいかがですか、コミッショナー殿」と言わんばかりの要望書を総本山に出したのである。「ボールすり替え事件」は、深刻な事態に発展している。

第三者委員会はきちんと機能するのか?

   「統一球問題に関する当会の要望と見解」と題されたその文書の内容は、これまでのコミッショナーの怠慢ぶりをなじるものだった。堰を切ったような苦言である。

「これまでのコミッショナーは消極的だった」

   そして、加藤コミッショナーの退陣を求めているのだ。新しいコミッショナーの条件まで明記されており、退陣を求めるメッセージは相当に強い。

   飛ばないボールが飛ぶボールに代わっていたことが発覚したとき、2度ほど記者会見に姿を見せた後、コミッショナーは隠れたまま。第三者委員会に事件の真相究明を丸投げし、知らんぷりなのである。

   本来なら、コミッショナーは選手会と会い、事情説明するのが筋だろう。加藤コミッショナーは12球団の代表を集め説明したが、選手ごときに、という態度が見える。選手会が「辞めろ」と、怒りの最後通牒をのど元に突きつけた心情は分かる。

   だいたい第三者委員会を設けた意味が分からない。「私の責任で業者に指示した」と語った事務局長が真相を話せば済む話ではないか。それで困るのはコミッショナーなのだろう。

   この委員会は6月28日に最初の会合が行われ、報告書は「9月末をメド」としているが、そんな大げさなものではない。指示したところ、指示されたところが分かっているのだから、1週間もあれば明らかになる。

   委員長を務める那須弁護士はこう言った。

「12球団、選手、ファンの方々を重要な利害関係者と考え、すべての方々に納得してもらえる報告書を作る」

   この問題には解決策などなく、すべてが納得することなどありえない。委員会は魔法使いか、と言いたくなる。せいぜいコミッショナーと事務局長をクビにし、業者を変えることぐらいしか手はないだろう。

   選手会の要望書は、むしろ委員会にとって助け船みたいなもので、一刻も早くコミッショナーを交代させたらいい。

   桑田元選手が特別アドバイザーとして委員会に加わっているのも意味不明である。日米でプレーした経験があり、ボールの違いが分かる、といったところから選ばれたようだが、この委員会はボールすり替えの真相を明らかにすることが仕事であって、ボールが飛ぶ、飛ばないは、もはや議論すべきことではない。

   つまり第三者委員会は、ボールに焦点を合わせることで、問題の所在をも「すり替え」ようとしているのではないか。すり替えを画策した「悪いヤツ」を明確にして処分するのを選手もファンを待っているのに、だ。このままでは茶番になる。

(スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中