JALが成田-ヘルシンキ線開設 欧州への乗り継ぎ需要狙う

印刷

   日本航空(JAL)は2013年7月1日、成田-ヘルシンキ路線を開設した。同路線は最新鋭旅客機のボーイング787型機で運航され、当初は2月25日の開設が予定されていたが、787の運航停止の影響で延期になっていた。

最短35分で欧州各地に乗り継げる

JALの客室乗務員らがヘルシンキ行き初便を見送った
JALの客室乗務員らがヘルシンキ行き初便を見送った

   フィンランドはムーミンやオーロラ、サンタなどで知られるが、地理的には欧州のゲートウェイ(入り口)としても知られている。ヘルシンキ空港はJALと協力関係にあるフィンランドのフィンエアーの拠点で、欧州41都市に乗り継ぐことができる。ヘルシンキ空港は乗り継ぎを考慮したコンパクトな構造で、乗り継ぎ時間も最短35分を実現。主にビジネス客の欧州向け乗り継ぎ需要を取り込みたい考え。

   ボーイング787型機は1月のバッテリートラブルを相次いで起こし運航停止が続いていたが、日本では6月1日に運航再開されたばかり。JALの植木義晴社長は

「バッテリーに関するトラブルは弊社だけではなく世界中で一切見られていない。その意味ではより安全な飛行機となって再就航させていただいたという思い」

と改めて安全性を強調した。787と他機種で搭乗率や予約率に差はみられないとも説明した。

   初便はほぼ満席の乗客180人を乗せて10時25頃出発。乗客には、作家の村上春樹氏が機内誌に寄稿したフィンランド旅行記などの記念品がプレゼントされた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中