NHK富士山中継に「謎の美少女記者」 山梨の「秘密兵器」に視聴者やられた!

印刷
「おい、今朝のNHKニュースに、凄くかわいい女の子が出てたぞ」
「見てた見てた! あの富士山中継に出てた記者だろ?」

   女子アナ、キャスター好きの間で、今「熱い」女性記者がいる。それが、NHK甲府放送局の佐藤美月さんだ。ほぼ無名の存在で、年齢などプロフィールもほとんどが「秘密」にもかかわらず、そのボーイッシュな魅力にやられる人が続出、「俺山梨に引っ越す!」などと言い出す人まで出ている。

ショートカットに大きな目がチャームポイント

   佐藤記者が注目を集めたのは、2013年6月30日、富士山山開きを報じるNHKの夜7時台のニュースに出演したことがきっかけだった。佐藤記者はこの日、はるばる富士山の八合目まで登り、山小屋前から、世界文化遺産登録に盛り上がる登山客の姿を紹介した。

「佐藤さーん、今そちらはどんな様子でしょうか?」
「はい、標高およそ3100メートル、八合目に来ています」

   スタジオから富士山の佐藤記者にカメラが切り替わった瞬間、これまでぼーっとテレビを眺めていた視聴者たちが「おっ」と膝を乗り出した。

   登山ロケとあって、メークは薄め、服装も分厚いジャンパー姿と比較的「さえない」出で立ちだったが、パッチリとした大きな目など整った顔立ちは、下手なタレントそこのけ。童顔のせいか、二十歳ぐらいに見える。「かわいい系」のルックスにボーイッシュな髪型の取り合わせは、芸能人で言うと遠藤久美子さんあたりが近いか。少し低めの声からは緊張の色も伝わり、その初々しさも好感度が高い。

「今すぐ東京本社に異動させろ!」

   予想外の「美人記者」の登場に、ツイッターは騒然となり、

「なんだこの記者、めちゃくちゃ可愛いじゃねーか」
「NHK甲府の記者が美人すぎるんだがwwwww」
「NHKは今すぐこのリポーターを東京本社に異動させてキャスターに配置しろ!!!」

といったつぶやきが乱れ飛ぶ事態に。さらに佐藤記者は山小屋に一泊、翌1日も6・7時台の「おはよう日本」で、気温5度という寒さに耐えながら「ご来光」レポに臨んだ。残念ながら悪天候の壁に阻まれたものの、3度にわたる全国ニュース出演は、視聴者に強烈な印象を与え、

「NHK甲府にかわいい記者がいる!」

という評判がネットを中心に響き渡ることとなった。

全国出演のたびに「かわいい!」と話題

   さて、となると気になるのはこの佐藤美月さん、果たしてどんな人?

   所属は山梨の甲府放送局、勘違いしている人もあるが「アナウンサー」ではなく、取材を担当する「記者」が本業だ。NHKでは年齢などプロフィールについては「一切秘密」としているが、2011年にはすでに甲府放送局に勤務していたことが確認できる。

   ちなみに佐藤記者、評判になったのはこれが初めてではない。11年3月の東日本大震災直後、佐藤記者を含む甲府放送局職員の携帯番号がテレビに映り込む事故があり、顔写真とセットで拡散したことで「美人アナウンサー(※編注:記者の間違い)の電話番号流出!」とちょっとした騒ぎになっていた。

   また今年1月にも電波事情をめぐる特集に登場、このときも「佐藤美月記者が可愛い杉る件」「担当記者さんがかわいすぎ~」と秘かな話題になるなど、全国区に登場するたびに反響が。かわいさには「定評」があったわけだ。

   NHK・地方発・ネットで人気といえば、2003年に一躍話題となった「スイカップ」こと古瀬絵里さん(当時は山形放送局の契約キャスター)の例がある。佐藤美月さんも「あの富士山美人」として、近々東京デビューも?

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中