アマゾンがヤギを使った「エコ除草」を多治見市で開始

印刷

   ネットスーパーのアマゾンジャパンは、物流倉庫のあるアマゾン多治見フルフィルメントセンター(岐阜県多治見市旭ヶ丘)で約10頭のヤギを放牧し敷地の草を食べる「エコ除草」を2013年7月2日から始めたと同日に発表した。社員への「癒し」も兼ねているという。この「エコ除草」は、10月まで週に一回定期的に行なうという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中