横浜BLITZ、9年の歴史に幕 10月に閉館

印刷

   横浜市みなとみらい21(MM21)地区にあるライブハウス「横浜BLITZ(ブリッツ)」が、2013年10月14日に閉館することが発表された。

   横浜BLITZはTBSテレビ運営で、04年11月にオープン。最大で1700人収容できる大型ライブハウスで、日本で初めてサラウンド音響システムを導入したライブハウスでもある。

   MM21は建物を備えた地区の暫定利用期限を10年間とし、その後は原則として更地にして土地所有者に返還するという「10年ルール」を定めていた。現在は1年単位で延長できるようなルール改正がされているが、横浜BLITZが入居する施設「GENTO YOKOHAMA」がある53街区は14年11月に10年の期限を迎えることになっている。

   TBSテレビは東京・赤坂にも「赤坂BLITZ」を運営しており、横浜の閉館後は赤坂に経営を統合する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中