「お笑いをそのまま選挙に持ち込むのはいかがなものか」 吉本芸人、維新候補応援でのパンツ芸に疑問の声

印刷

   日本維新の会から参院選に出馬した比例代表候補の応援に、吉本芸人がタイツの上にパンツをはいた姿で参加し、「ドン引き」だと疑問の声が出ている。芸人側は、本人のパンツ芸だと釈明している。

   パンツ姿の男性が、選挙カーの上で仁王立ちし、マイクを握っている。解散したお笑いコンビ「大蛇が村にやってきた」の安井章二氏(42)だ。

「単なる変態にしか見えない」…

その応援ぶりが話題に
その応援ぶりが話題に

   安井氏は2013年7月6日、維新候補の富山泰庸氏(42)の相方だったため、応援演説をしていた。

   これに対し、演説を見た人がツイッターで、写真を添付したうえで、富山氏に向けて、こう疑問を投げかけた。

「何ですかこれは?暑さにやられたのですか?職業病ですか? 有権者を馬鹿にするな!」

   ビルが建ち並ぶ市街地にも関わらず、パンツ姿を晒していることを不快に感じたらしい。

   写真を見て、同じように感じる人は多かったようだ。ツイッターなどでは、「単なる変態にしか見えない」「まともな人はドン引きだろ」「お笑いをそのまま選挙に持ち込むなよ」といった疑問が相次いでいる。

   富山氏側は、スタッフがツイッターで7日、パンツ姿で応援した理由について、ウィキペディアでの記述を挙げた。その記述を見ると、安井氏は、「パンツ安井」の別名があり、重ね着したブリーフパンツを1枚ずつ脱いで、「パンツ~、俺のパンツ~」などと歌う芸を持っているそうだ。ブリーフを顔にかぶって様々な物や動物を表現することもあり、100以上のレパートリーがあるという。

   東京・新宿のアルタ前でもパンツ姿で安井氏が応援演説をしたといい、スタッフはツイッターで噂になっていることを明かした。富山氏のフェイスブックにも疑問が寄せられているが、富山氏は8日、「キャラクターなので、どうしようもないです」と理解を求めた。

演説では、復興予算の問題などを訴える

   富山泰庸氏は、フェイスブックやブログなどでもパンツ姿の安井章二氏の写真を載せている。一方、日本維新の会も、富山氏を紹介する動画をユーチューブにアップしており、その中にもパンツ姿の安井氏が映っていた。

   それは、大阪・高島屋前で2013年7月6日に行われた演説の動画だ。それを見ると、富山氏が「何がびっくりするかっていうと、お前のその格好が一番びっくりするんやで」と突っ込むと、ボケ役の安井氏は「パンツ安井という芸名で芸人の方やらしていただいておりました」と掛け合っていた。

   もっとも、富山氏は演説では、「復興予算、被災地に使われていないんですよ」「命よりも私腹を肥やすことの方が優先されてしまっているのが今の国政」などと熱弁を奮ってもいた。

   富山氏は、米国の名門ペンシルベニア大大学院修了後に、お笑い芸人などをする一方で、東北の被災地に200回以上通って支援活動をしている。そのことがきっかけで維新政治塾に入り、12年の衆院選にも挑戦しており、政治への志はあるようだ。

   現在は秘書をしている安井氏は、取材に対し、パンツ姿の応援についてこう説明する。

「無名の候補者は、駅前に立っても、なかなか話を聞いてもらえないんですよ。選挙カーの上に立ったとき、入り口として、まず注目を集める必要がありました。見た目は失礼に当たるかもしれませんが、軽い気持ちでやったり、有権者をバカにしたりしているわけではありません。被災者の方には、お笑いを届けたりしており、恥じることではないと思っています」

   なお、2人は現在も吉本興業に所属しており、ほかの吉本芸人も応援に駆け付けている。ただ、吉本では、個人的に応援しているだけで、組織的に応援していることはないという。選挙に芸を持ち込んでいることについては、選挙活動に干渉できないので、何とも言えないとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中