「2秒」早い民間統計提供を中止 トムソン・ロイター

印刷

   金融情報大手のトムソン・ロイターは2013年7月8日、同社が発表している民間統計を、追加料金を支払う一部顧客に2秒早く提供するサービスを中止すると発表した。この統計は、ミシガン大学と共同で集計している「消費者信頼感指数」。月2回、毎回9時55分(米国東部時間)に発表されるが、一部顧客には9時54分58秒に提供していた。

   このサービスをめぐっては、市場取引の公平性が保てないおそれがあるとして米ニューヨーク司法当局が調査に乗り出していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中