就活解禁繰り下げ 学生の大半「反対」、教職員は「賛成」

印刷

   就職・転職情報サービスの日経HR(東京・千代田区)は2013年7月11日、「大学4年生(就活経験者)と大学教職員対象『就職活動スケジュール変更』に関する調査結果」を発表した。

   16年卒の就職活動解禁が大学3年の12月から3年3月に繰り下げられることについて、学生は「反対」「どちらかというと反対」が70.2%、「賛成」「どちらかというと賛成」が29.8%で、反対が大きく上回った。賛成の理由は「現状では学校の授業との両立が大変」「春休み期間中なので比較的時間を割きやすい」など、反対の理由は「内定を得られなかった学生が方向転換をする時間が短くなる」「夏場にスーツやネクタイは正直厳しい」などが挙がった。

   一方大学教職員は「賛成」「どちらかというと賛成」が58.7%、「反対」「どちらかというと反対」が41.2%だった。賛成の理由は「理系の学生は修士が中心のため、少しでも遅い方が望ましい」「大学3年の12月以降は授業が成立していなかった。これを改善するため賛成」、反対の理由は「協定を守らない企業が多く出て混乱する可能性がある」「教育実習とかぶってしまうおそれがある」などだった。

   調査は13年5月から6月にかけて、全国の14年3月卒業予定者(日経就職ナビ2014に会員)と大学教職員を対象にインターネットで行われ、学生750人、教職員109人から回答を得た。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中