高橋洋一の自民党ウォッチ
「国家公務員改革」5年で時間切れ 「天下り温存」に霞ヶ関は「祝砲」

印刷

   7月10日(2013年)、国家公務員制度改革推進本部とその事務局がなくなった。5年前の08年6月13日に国家公務員制度改革基本法が施行され、7月11日に同法に基づき国家公務員制度改革推進本部が設置された。その措置は5年間の時限があり、その期日が到来したのだ。

   この法律と推進本部で国家公務員改革は進むはずだった。ところが、5年経っても何も変わっていない。しかも、国家公務員制度改革基本法が事実上、消滅した。霞ヶ関官僚にとって、これがどれほど喜ばしいことか目に浮かぶようだ。

5年以内で「改革は終了」のはずだった

   最近の政権における国家公務員改革の経緯をおさえておこう。

   第1次安倍内閣では、国家公務員法改正によって天下り規制、能力実績主義が盛り込まれた。

   福田政権では、第1次安倍政権の時に検討された国家公務員制度の総合的改革が法制化され、国家公務員制度改革基本法が制定された。この法律はプログラム法で、それに従ってその後、国家公務員改革は進むはずだったのだが……。

   当初のスケジュール(工程表)では、内閣人事局の設置は1年以内、それ以外の法制の措置(国家戦略スタッフ、幹部職員制、キャリア制度の廃止など)は3年以内、その他の措置をあわせて5年以内で、国家公務員制度改革基本法に沿った改革は終了するはずだった。

   麻生政権では、国家公務員法改正案(甘利法案)が提出されたが、廃案になっている。

   そこで政権交代だ。民主党政権下も、国家公務員法改正案(民主党法案)を提出したが、廃案だ。この時、野党の自民党・みんなの党で幹部公務員法案(自・みんな法案)を共同提出したが、これも廃案となった。

官僚依存にあっさり転向した民主政権

   麻生政権以降は、国家公務員改革の勢いがドンドン低下していった。脱官僚を掲げていた民主党があっさり官僚依存に転向したので、ますます国家公務員改革はできなくなっていった。公務員改革は官僚の抵抗があるので、大きな政治パワーが必要だが、麻生政権以降は官僚との融和を重視し、結局のところ、改革は何もできていない。

   この間、廃案になった麻生政権以降に提出された法案を比較すると、「自・みんな法案」が国家公務員制度改革基本法に一番忠実だ。甘利法案も民主党法案も、幹部公務員に甘く、天下り規制も抜け穴だらけだ。

   この5年間、霞ヶ関にとって国家公務員制度改革基本法は目の上のたんこぶだった。それが事実上なくなったのだから、各省で「祝砲」が打ち上げられている。

   こうした骨抜きぶりは、新聞ではあまり報道されていないが、J-CASTニュースではしっかりと報じられている。例えば、6月30日配信の「商工中金社長に元経産省事務次官 『小泉改革』に逆行、官僚OBが天下りポストを奪い返す」。

   筆者は、小泉政権において各省庁事務次官の天下り先であった政策金融改革を行った。その後、各省は時間をかけてその骨抜きに汲々としていたが、ようやく完成したようだ。商工中金は「完全民営化」を反故にした上での天下り確保なのであきれてしまう。財務省の政策投資銀行も同じだ。役人の天下りにかける執念深さには、皮肉をこめて感心する。

   国家公務員改革、いつやるの? 今でしょ。成長戦略を実行するために障害になっている農業、医療などの岩盤規制なんて、現状ではとっても破れない。稲田朋美行革担当相は、甘利法案をベースに公務員改革をやると言うが、あまりに「甘い」のではないだろうか。


++ 高橋洋一プロフィール
高橋洋一(たかはし よういち) 元内閣参事官、現「政策工房」会長
1955年生まれ。80年に大蔵省に入省、2006年からは内閣参事官も務めた。07年、いわゆる「埋蔵金」を指摘し注目された。08年に退官。10年から嘉悦大学教授。著書に「さらば財務省!」、「日本は財政危機ではない!」、「恐慌は日本の大チャンス」(いずれも講談社)など。


インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中