通信障害のKDDIに行政指導 社長ら報酬一部返上

印刷

   携帯電話の通信障害が相次いだとして、総務省が2013年7月16日、auブランドのKDDIに行政指導をしたことが分かった。これに対し、KDDIは、田中孝司社長らの報酬を一部返上すると発表した。

   指導では、1か月以内に通信設備などを点検し、再発防止策を講じるよう求めた。総務省は12年2月にも同様の行政指導をしているが、その後も通信障害が相次いでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中