ワンピース完結に不安の声 尾田栄一郎「ラストまで体力持つのか」

印刷

   大人気マンガ・ワンピースについて、作者の尾田栄一郎さんが「ラストまで体力が持つのか心配」とする発言をした。ネットでは尾田さんの健康を案じる声が相次いでいる。

   尾田さんは1997年に「ワンピース」を週刊少年ジャンプで連載開始して以来、休載が少ないことで有名だった。ところが、2013年に入って体調不良による休載が2回あった。

「作者急病のため、ONE PIECEが休載」

   3月18日発売のWJ16では「作者急病のため、ONE PIECEが休載となってしまいました」と断りがはいり、5月23日にはWJ2号と27号での休載を発表。公式サイトでは理由を扁桃周囲膿瘍で入院するためとし、「不覚です!少々我慢しすぎて事態を悪化させてしまいました。ただ今痛ェ治療を続けております。次回せっかく新展開なのに、早く読んで欲しい気持ちでいっぱいです」などとコメントしていた。

   尾田さんは2012年頃からすでに体調に不安を感じ始めていたようだ。漫画家の松本大洋との対談で、「毎週19ページを仕上げるのはしんどくないか?」ときかれて、「しんどいですねー。ぼく自身、肉体的にはこれまでのようなペースで仕事を続けるのが難しくなってきているんですよ。でも、この勢いというか、追い詰められた感じをゆるめてしまうと面白さも半減してしまうんじゃないかという気もしてて。本来なら、毎週仕上げるページを減らしたりしたいんですが・・・どうすべきか、悩んでいるところです」と告白していた。

   また、13年に入ってからも、「(ワンピースの)ラストは長くなれば長くなるほど面白くなる」としつつ、「そうです。面白いですよ。最終章は。長くなれば長くなるほど面白いラストになると思うので。面白さは心配していないんですが、僕の体力がそこまで持つのかどうかが、唯一の心配ごとです」とインタビューに応えていた。

「書き込み量減らしてその分休めその方が作者と読者の両方にとって良いこと」

   そのためか、5月の休載時にはネットでファンから「やっぱ働きすぎだって」「これはホントにまずいかもしれないね」「いっそしっかり休んでくれたらいいのに安心して最後まで読みたいし」「尾田は書き込み量減らしてその分休めその方が作者と読者の両方にとって良いことだ」などと心配する声が上がっていた。

   ただ、尾田さんはインタビューで「忙しくないとダメなほうですか?」との問いに「締切に追いつめられた時に飛び出すひらめきとか、馬鹿力についつい期待してしまうんですよね。時間ギリギリのところで凄いアイディアをひらめいたり、勢いのある絵が描けたりという経験が積み重なっていくと、その瞬発力に期待してしまう。でもそれを引き出すには、さらなる苦境に身を置くしかなくて。その結果、どんどん苦しくなってしまうんです」とも答えていて、休めばいいというものでもないのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中