「悪口言われてお金が入る」「みんな男友達ぐらいいる」 指原発言でまた賛否両論巻き起こる

印刷

   その一挙一動がたびたび話題になるHKT48の指原莉乃さん(20)のネタで、またしてもインターネット上が盛り上がっている。

   雑誌のインタビューで「恋愛禁止」問題やアンチに対する意見を語ったことで、賛否両論が巻き起こっているのだ。

「反省してないわけじゃなくて元気になるのがすごい早い」

指原さんの発言でまた騒ぎに(11年2月撮影)
指原さんの発言でまた騒ぎに(11年2月撮影)

   2013年7月24日発売の女性週刊誌「an・an」に、インタビュアーの吉田豪さんによる指原さんのインタビュー記事が掲載された。

   冒頭で「恋愛禁止」について聞かれた指原さんは、こう答えた。

「実際、いま恋愛禁止条例というものがあるのかないのかもよくわからないですけど、誰もがまったく何もないってことはないと思うし、お友達ぐらいはいると思うので。ただごはんに行っただけでそう言われてしまうのもどうかと思いますが…」

   また、自身に対するバッシングに関しては、

「悪口を言われて、何もしてないのにお金が入ってくるって思おうって。好きなことしゃべって、楽しいことして、やりたいことやって、悪口も言われて、お金が入る、みたいな。そう思ったら楽しく仕事ができるから。そんなにいっぱいもらってるわけじゃないけど、でもふつうに働いてるよりは楽しく仕事してるので。毎朝同じ時間にどこか行って毎日仕事してっていう仕事よりはずっと楽しいし、これが私のやりたいことだから」

と語った。

   その他、スキャンダルが報じられた後の気持ちについては「当日はさすがに元気なかったしどうしようと思いましたけど、次の日からもう元気でした」「誤解されがちですけど、反省してないわけじゃなくて元気になるのがすごい早いんです」、HKTへの移籍については「博多に飛行機で通うことになるとマイルが貯まったら楽しいなと思ったら明るい気持ちに」、漫画家の小林よしのりさんに嫌われていることについては「全力で指原のことを嫌いになったり、全力で指原のことを好きになったりっていう渦の中にいる自分がマジでエンターテイナーだって思えてうれしいんです!」など、赤裸々な気持ちを明かしている。

「人間としてアカン」「一気にはしごはずされろ」怒りの声上がる

   指原さんの気持ちがよくわかるいいインタビューに思えるが、やはりそうは思わない人も多くいるようだ。

   このインタビューを取り上げたネット記事が2ちゃんねるやツイッターで話題になり、

「人間としてこれはアカンな 見損なったよ。謙虚さも素直さもない」
「泣きながらファンを辞めていったヲタに責任感じるならこんなこと言えない。せめて言わずにすべてスルー」
「普通に働いてる人に対してお前らのが楽しくない仕事だよなとか見下しまくりやん」
「何気に他のメンバーも男友達くらいいるって言ってんじゃんwww他のメンバーまで巻き込むなよwww」
「すぐ元気になるんならたいして反省してねーんだよ。一気にはしごはずされること希望」

   など、指原さんの発言一つ一つに批判の声が上がった。また、「指原は発信し過ぎ、このままだとそのうち墓穴を掘る」「アンチばっかり気にしてないでファンの方も向いてあげなよさっしー」と指原さんを諭すような書き込みもある。

   一方、「こういう前向きな考え方でいてくれて安心したよ ネット上の落書きごときを気にするメンバー多すぎるんだよ」「アンチの言うこと気にしてたら凹むから前向きに考えて話題にして仕事になって最終的にお金になってると思うようにしようってことだからなんも問題ないと自分は思うがね」「建て前じゃなくて本気でしゃべってると思った」と、指原さんの発言を支持する人もいる。

   ちなみに誌面で名指しされた「アンチ指原」の小林よしのりさんは7月25日17時30分現在、このインタビューについてのブログ記事は更新していない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中