候補ならダメだが政党なら応援OK? 「あまちゃん」延期しないNHKにネットで疑問の声

印刷

   「『あまちゃん』出演タレントは、参院選で政党を応援したが特定候補を応援していなかったので、番組の放送を延期しなかった」。NHKが会見などでこのような内容の説明をしたと報じられたことに対し、ネット上で疑問が相次いでいる。

   NHKを巡っては、EXILEメンバーが出演する2013年7月12日のEテレ番組が、選挙後に放送を延期される事態になった。メンバーが自民党候補を応援している写真が候補のブログなどに載っており、政治的公平性に配慮したというのがNHKの説明だった。

「EXILEのときと対応が違う」と疑問の声

   その後、朝ドラ「あまちゃん」に出演する女優の渡辺えりさん(58)が、共産党を応援するコメントをしたことが分かった。えりさんは、赤旗が14日に参院選を特集した記事で、「常に弱者の立場で発言してきた共産党に期待したいです」などと語ったのだ。

   ところが、あまちゃんは、えりさんが出演した回でも、選挙期間中に放送が延期されることはなかった。これに対し、ネット上では、「EXILEのときと対応が違う。ダブルスタンダードだ」と次々に疑問の声が上がった。

   メディアでも問題視する向きがあったようで、産経新聞の記事によると、石田研一NHK放送総局長の24日の定例会見で、この点について質疑が集中した。

   石田総局長は会見で、あまちゃんの放送延期について、「もちろん検討した」と明かした。しかし、今度の場合は、「ドラマへの出演により政治的公平性に疑念を持つかということで、そうではないだろうという判断になった」と答えたという。ブログはダメで機関紙はOKということはないとし、「書いてある中身とか、選挙の関わり方とか、番組の中での役割がある」と述べた。

   さらに、EXILEの番組との違いを突っ込まれると、「著しい違いかは分からないが、非常にはっきりとした格好でどの方を応援するかを言っているので、一般原則からいって判断した」と釈明した。

NHKは、一部報道のコメントを否定

   産経の記事によると、NHKの広報部も、あまちゃんの放送を延期しなかった「判断理由の一つ」として、渡辺えりさんが赤旗で共産党を応援したものの、特定候補のことは言わなかったことを挙げたという。

   この報道に対し、ネット上では、「比例で『共産党』と書けば認められるんだから その言い訳は通用しないだろ」「言ってることが全く分からない。説明になっとらん」といった疑問が噴出した。

   さらに、今回の朝ドラは人気が出ているので、NHKは放送を延期しなくなかっただけではないかといった憶測も呼んだ。

   EXILEメンバーが応援した伊藤洋介氏は、2013年7月13日のブログで、そもそもタレントが候補を応援すれば選挙中は番組に出られないというのはおかしい、これでは若者も選挙に興味を持てなくなる、などとNHKを批判していた。ネット上でも、NHKは過剰反応ではないか、番組内で候補を応援しなければいいはず、などと賛同する声が出ている。

   NHKの広報部では、えりさんが特定候補を応援しなかったことが延期しない判断につながったとの報道について、「広報部では、そのようなコメントはしておりません」と取材に答えた。人気の朝ドラを延期したくなかったかについては、「そうした事実はありません」と否定した。また、伊藤氏らの批判については、「詳細を承知しておりませんので、お答えを控えさせていただきます」と言うに留まっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中