機密漏えいマニング上等兵、死刑免れたが、最長136年の禁固刑?

印刷

   内部告発サイト「ウィキリークス」に膨大な国家機密を漏えいしたブラッドリー・マニング上等兵(25)は、メリーランド州の米軍基地で開かれた軍法会議で2013年7月30日、判決を言い渡された。裁判長のデニース・リンド大佐は、最も重い罪状であった「敵ほう助罪」については無罪としたが、国家機密をリークしたスパイ行為に関する20の罪状では有罪とした。

   その結果、同上等兵は死刑をまぬがれたものの、最長136年の禁固刑が言い渡される可能性がある。有罪とされた罪状について刑の量定が31日から始まる。

   ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏は、ツイッターでスパイ行為有罪の判決は「国家安全保障の過激主義」だと非難した。

(在米ジャーナリスト 石川幸憲)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中