大阪府警、誤認逮捕で謝罪 堺市の男性は無関係と分かる

印刷

   盗まれた給油カードでガソリンを入れたとして逮捕された大阪府堺市の会社員の40代男性が無関係だと分かって起訴が取り消されたことに対し、大阪府警北堺署が2013年7月31日に男性に謝罪したことが分かった。新聞各紙が報じた。

   それによると、男性は、取り調べで「証拠はそろっている」などと自白を迫られた。北堺署では、小坂義之署長ら3人が本人と妻、弁護士と面会して、「申し訳ありませんでした」と述べた。これに対し、男性は、「2度と起こさないでほしい」と伝えたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中