麻生副総理、ナチス政権発言を撤回

印刷

   麻生太郎副総理は2013年8月1日、憲法改正をめぐってナチス政権の手法を出した発言について、「撤回したい」とする談話を発表した。談話では、ナチス政権下のワイマール憲法を

「喧騒にまぎれて十分な国民的理解及び議論のないまま進んでしまったあしき例」

として取り上げたとした上で、

「私がナチス及びワイマール憲法に係る経緯について、極めて否定的に捉えていることは、私の発言全体から明らかである」

と釈明したが、

「この例示が、誤解を招く結果となった」

として例示した部分を撤回する考えを明らかにした。

   読売新聞によると、麻生副総理は7月29日に東京都内で行った講演で、「ワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口を学んだらどうか。(国民が)騒がないで、納得して変わっている。喧騒(けんそう)の中で決めないでほしい」と語っていた。

   発言をめぐっては、社民党など野党が批判を強めていたほか、米国の反ユダヤ活動監視団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が「ナチス政権の手法かがら何が学べるというのか」などとする非難声明を発表していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中