「世田谷ナンバー」反対で提訴 アンケート「賛成」は高齢者ばかり

印刷

   東京の世田谷区が導入へ向けて動いているご当地ナンバー「世田谷ナンバー」について、同区の住民ら23人が2013年8月1日、反対する訴えを東京地方裁判所に起こした。

   原告によると最大の問題は、国土交通省への申請のため実施されたアンケートの取り方だという。アンケートは4月に区民4000人を対象に無作為に郵送で実施され、賛成1553人(79・6%)、反対292人(15・0%)という結果を得た。ところが、この回答者の4割近くは免許を持っていない上、7割以上が60歳以上の高齢者とかなりの偏りがあった。

   また、世田谷ナンバーにより住所が特定されることで、プライバシー侵害の危険性もあるという。

   ご当地ナンバーは、区としての一体感や、地域振興、郷土愛につながるとして、国交省が募集をおこなっていた。23区では世田谷のほか杉並が申請しており、通れば早くて2014年には導入される見通し。導入後は「世田谷か品川か」という選択はできない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中