FNS「生歌祭り」ももクロやモーニング娘。 「低歌唱力」に「いっそ口パクでよかった!」

印刷

   豪華歌手やアイドルが一堂に会した音楽番組「FNSうたの夏まつり」(フジテレビ系)が、2013年7月31日に放送された。

   プロデューサーのきくち伸さんが以前表明していた通り、出演者のほとんどが「生歌」を披露した。ところが、視聴者からは「これなら口パクの方がよかった…」という声が少なからず上がっている。

「百恵ちゃんに謝れ!」「のど自慢ですか?」アイドルに酷評

   視聴者から嘆きの声が上がり始めたのは、開始から3曲目、歌手のmiwaさんとももいろクローバーZ(ももクロ)のコラボ歌唱でのことだ。

「ももクロが邪魔してるww」
「miwaの歌唱力つぶしとるやないかい!」

など、生歌で挑んだももクロが「下手すぎる」と、ツイッターで話題になった。

   ももクロはその後、さだまさしさんと共に名曲「秋桜」も披露したが、「この歌唱力で…。あやまれ!百恵ちゃんに謝れ!!」「ももクロの音程ひどすぎてさだまさしが拷問にあってるみたいだ」など、散々な言われようだった。

   ほかにも、「Help me!!」「LOVEマシーン」の2曲を披露したモーニング娘。に「えっ!いまのモー娘。こんなに歌下手なの?」「素人ののど自慢ですか?」。「おいでシャンプー」を披露したアイドルグループ・乃木坂46に「下手くそすぎんだろ?wwwwwww」「文化祭レベルやん」。「Sexy Summerに雪が降る」を披露したジャニーズのグループ・Sexy Zoneには「歌練習せーやwwww」「歌が下手すぎてセクシーじゃない」、槇原敬之さんと共に「どんなときも。」を歌ったジャニーズのKis-My-Ft2には「槇原の美声がキスマイに消されてる」「歌唱力の差がすげえ(笑)」など、アイドルグループに非難が集中した。

千秋「口パクとか歌手じゃないと思ってる」

   FNSが「生歌祭り」となったのは、プロデューサーのきくち伸さんが主宰するフジテレビの音楽番組制作スタッフチーム「音組」の意向によるものだ。

   きくちさんは13年3月、ブログで「歌手であるからには、フツーに歌えることが絶対条件だと思う」として、自らが手がける音楽番組で「口パク」を受け入れないことを決めたと発表した。

   このブログには「生歌大賛成」「見る側としては生歌が良い」など賛同コメントが多数寄せられたが、今回のFNSの醜態を見て「ちょっと思った。がっかりするなら口パクでもいいかもって」「口パクを今までバカにしてたけど、生歌で歌えば良いってものじゃないと言う事を学んだ」「テレビで見る分には下手な生歌より上手な口パクでいい」といったツイートが投稿され、「口パク容認」に転向する人が増えたようだ。

   一方、「それでも生歌がいい」という声も根強い。タレントの千秋さんがFNS放送中、ツイッターで「口パクとか歌手じゃないと思ってる。歌手志望より。」と投稿した。これに対し、「その通りです」「口パクするぐらいなら歌うな!!って思います」「私も同感。歌い手って書いて歌手ですもん。歌わないと」など、同意のリプライが寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中