デヴィ夫人「幼稚で稚拙、とっても不愉快」 AKBの番組で「AKBの存在否定」

印刷

   デヴィ夫人ことデヴィ・スカルノさん(73)が、AKB48の冠番組で「私はAKBが不愉快」と言い切った。

   元々ブログなどで「AKB嫌い」を公言していたデヴィ夫人だが、メンバーを目の前にしてはっきり言うのは珍しく、視聴者は驚いたようだ。

「23、25になった人たちが『会いたかったー』って…」

   デヴィ夫人は2013年8月2日放送の「AKB子兎道場」(テレビ東京系)に出演した。

   番組の総合演出を務めるテリー伊藤さんと、AKB研究生の峯岸みなみさん、西野未姫さん、前田美月さんがデヴィ夫人宅を訪れ、インタビューを行った。

   訪問前にテリーさんから「デヴィ夫人はAKBが大っ嫌いだ」と聞かされていた峯岸さんが、単刀直入に「AKBが嫌いな原因は?」と尋ねると、デヴィ夫人はこう答えた。

「私は存在を否定してるの。というのは、あなたたちの幼稚な歌とか踊りで、日本の若人というか男性たちを非常に幼稚に、稚拙にしているんで、とっても不愉快に思ってるの」

   ここまででAKBメンバーはかなりダメージを受けているようだったが、さらに「あなた方はちょっと若そうですけど、やっぱり23、25になった人たちが、『会いたかったー会いたかったー』とか歌ってね。あの声がテレビから聞こえるとガチャっと切ります」とたたみかけた。

   峯岸さんが「よくオファー受けてくれましたね」と言うと、「私があなた方を嫌いだから私の所に来たのかなと思ったの。テリーさんのやりそうなことだなあと」と、あくまで「嫌い」という意見を崩さなかった。

   インターネット上では、視聴者が「デヴィ夫人の言ってることが案外正論な件wwwwww」「わたしの言いたい事をAKBの番組で言ってる」「おまえだってその歳で若い人が着るようなドレス着てるじゃん」「こちら側から言わせてもらえば、どちらも幼稚だ」など賛否両論を書き込んだ。

「人工的に作られた人気に他ならない」ブログで厳しく批判

   デヴィ夫人はブログでも度々AKBに対して批判的な意見を書いている。

「今朝 天才ピアニストの 牛田 智大(ともはる)くん(12才)がフジテレビの 『とくダネ』で紹介されていました。大金を使って宣伝、人工的にプロモートされ ビジネス・プロジェクトですっかり"有名"になった『AKB48』とは違い、大変 新鮮で ナチュラル、素敵でした」(12年4月25日)
「私は『AKB48』の 可愛らしいお嬢さん達が 憎らしいわけではありません。この 20才前後の 素人集団が、東京の秋葉原からジャカルタ、上海へと広がり、異常な人気を博していますが、これは 全て 人工的に作られた人気。ビッグ・ビジネスに他なりません」「彼女たちに罪はありませんが、このような彼女たちの姿を見て 熱狂したり 一緒に涙を流す いい歳をした 男性達を見ると、"あぁ 日本も終わりか"と 嘆かわしい念にかられます」(12年8月27日)
「『JOHNNYS' World ジャニーズ・ワールド』は、ジャニーズの歴史の集大成として、メンバーがアイデアを出し合い、ゼロから全てを 創り上げている 舞台だそうです。(中略)『AKB-48』のことを言いたくありませんが、日本人を幼稚にさせているこのグループ・ファン達に見せてあげたい。きっと腰をぬかすでしょう。きっと 自分達は"井の中の蛙"だったことに気づき、開眼することでしょう」(12年11月16日)

   一方で、13年7月16日放送の「HKT48 トンコツ魔法少女学院」(日本テレビ系)に出演した時は、平均年齢15.2歳のHKTのメンバーに囲まれて楽しそうにしていた。メンバーに変な似顔絵を描かれても、「叩いてかぶってジャンケンポン」で叩かれてもにこやかにしていたため、「若ければいいんだな」「実はそんなに嫌いじゃないんだろ」と見るファンもいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中