元AKB成田梨紗、「未修正ヌード」に怒る 関係者「フライデーと行き違いあった」

印刷

   「グラビアに未修正のヌードが掲載され、戸惑っています」。元AKB48メンバーの成田梨紗さん(22)がブログで、こんな内容の告白をしている。関係者は、掲載したフライデーとの間に行き違いがあったと説明するが、どういうことなのか。

   「国民的アイドルグループNo.1巨乳初期メンがついにッ!」。

   フライデーの2013年8月2日発売号では、こんなうたい文句とともに、成田梨紗さんのヌード写真が袋とじで掲載されている。

グラビアで、バストトップははっきり見え

異例の告白
異例の告白

   8ページのグラビアをめくると、薄い生地のベールや下着の下からではあるものの、複数の写真で梨紗さんのバストトップがはっきり見える。このほか、全身ヌードや水着姿の写真も数点があった。

   これらの写真は、9月25日に彩文館出版から発売される予定の梨紗さんの写真集などからと紹介されている。

   これに対し、梨紗さんは、8月4日のブログで、「とても戸惑っています」と告白した。自分の意思とは違い、実際に載る写真とは違う未修正のものが掲載されてしまったというのだ。「解禁バストトップ」といった過激な見出しにもびっくりしたとした。

「大人はこわいしずるい。世の中ってこわい。どうしていいかわかりません」

   梨紗さんは、こう言って嘆いた。しかし、このような行為に対しては、「絶対に負けない」とも宣言した。

   ただ、写真集については、納得いく作品に仕上がっていて、「ぜひ見ていただきたい」と呼びかけている。

   この告白について、一部夕刊紙は、AKBを卒業するなどしたので配慮してもらえなくなった可能性を報じており、ネット上では、フライデーを批判する声もある。しかし、梨紗さんの訴えにも、様々な疑問が出ている。

「バストトップをぼかしてほしかった」

「22にもなって大人は怖いとか・・・」「じゃあなんで撮らせたの???」「本当なら訴えてみろよ」

   成田梨紗さんは、写真集についてはPRしていることから、単なる話題作りではないのかといった憶測もあった。

   写真集などの制作コーディネートをしたジェミーロードの担当者は、取材に対し、梨紗さんがバストトップをもう少しぼかしてもらいたかったから納得できなかったのではないかと話した。

「フライデーの掲載1週間前にグラビアの色校正を確認したとき、本人やマネージャー、フライデーの編集担当者らが立ち会いました。本人がバストトップの透けの程度を気にされていましたので、担当者が修正指示を出し、本人はそれで納得されていました。しかし、実際に掲載されたとき、もう少し修正してほしかったと思ったのではないでしょうか」

   梨紗さんとフライデー側に温度差があった可能性もあるようだ。

   話題作りではとの指摘については、「話題になってもらいたいとは思いますが、こういった騒ぎで話題になるとは思っていませんでした」と言っている。

   所属事務所のオフィス斬では、「その件は、本人も気にしていますので、取材はお断りしています」とマネージャーが答えた。ただ、立ち会いのときに、行き違いがあって、結果的に納得がいかない部分が出てきたことは認めた。フライデーを訴えることはまったく考えていないという。話題作りについては、「そんなことはありません」と否定した。

   グラビアの修正がどうなったのかなどについて、講談社のフライデー編集部に取材すると、担当者が入稿や出張で不在だとして話が聞けなかった。

   なお、梨紗さんは、05年のAKBオープニングメンバーで、08年に卒業した後は、グラビアアイドルや女優として活動している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中